« 19890403 | トップページ | 19890405 »

19890404 OUT TO DIJOEB

今年はフランス革命二百年 徳川封建統治に慣れて民衆蜂起の精神を放棄した国では縁のないこと 封建政治に終止符を打ったのが天皇を錦旗にした下層武士 彼らの政策もまた民衆蜂起の精神を民衆に放棄させようとするものだった 戦争 成り行きで始まり成り行きで終わった 人は死んだが殺した人間の責任は問われない 責任を問わないことで民衆は自ら民衆蜂起の精神を放棄してしまった よってこの国に真の自由は存在しない
 『OUT TO LUNCH』 エリック・ドルフィ 川崎に住んでいたころアナログ盤で持っていた 懐かしくもあり やはり当時聞こえなかったが テクノロジーの進歩だけが原因とは言い切れない 聞こえてくる 社会のシステムを信じるか自分の才能を信じるかで人の生活は随分と違うものになってくる 才能を生きて早死にした人の作品



   *

|

« 19890403 | トップページ | 19890405 »

11 大丈夫日記 Web版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/40758960

この記事へのトラックバック一覧です: 19890404 OUT TO DIJOEB:

« 19890403 | トップページ | 19890405 »