« 19890604 | トップページ | 19890606 ダイジョウブウェル評論集 »

19890605

誰が兵士に兵士たることを許したのか 誰が学生を学生のままで死にやることを許したのか 誰がこの時代があいも変わらぬ野蛮人の時代であることを許したのか 誰がその場所を「血の赤」の場所にすることを許したのか 臆病なもの怖がりなものが戦いを血なまぐさいものにする 臆病なもの怖がりなものが自分の死を先送りして他人に死を振り撒く 他人の犠牲の上に新たな生を獲得しようとする 誰が おそらく僕が この僕らが



   * [天安門] 監督: カーマ・ヒントン, リチャード・ゴードン

|

« 19890604 | トップページ | 19890606 ダイジョウブウェル評論集 »

11 大丈夫日記 Web版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/41430914

この記事へのトラックバック一覧です: 19890605:

« 19890604 | トップページ | 19890606 ダイジョウブウェル評論集 »