« 19890606 ダイジョウブウェル評論集 | トップページ | 19890608 いまどきのだいじょうぶ »

19890607

内戦状態の北京 午後戒厳軍各国外交官施設に砲撃 二十世紀前半帝国主義列強に蹂躙された疲弊が未だに残っているのか この生みの苦しみを正方向に転化できる指導者が現れれば中国は真の大国になるだろう 市民学生の血は報われるかもしれない 当局側天安門広場での虐殺否定の報道 誰も騙されまい この国では文部省が学校の入学卒業式での「君が代」「日の丸」の義務化提案 隣国の出来事ではない 銃口が見えるようだ



   * [天安門] 監督: カーマ・ヒントン, リチャード・ゴードン

|

« 19890606 ダイジョウブウェル評論集 | トップページ | 19890608 いまどきのだいじょうぶ »

11 大丈夫日記 Web版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/41449956

この記事へのトラックバック一覧です: 19890607:

« 19890606 ダイジョウブウェル評論集 | トップページ | 19890608 いまどきのだいじょうぶ »