« 19890623 大丈夫中からの手紙 | トップページ | 19890625 »

19890624 ダイジョウブラッド・ライン

美空ひばり死去 昭和の人々は昭和の終焉をまた確認した 中国ではなんとか会議 殺させた人々が殺した事を正当化する 沖縄終戦の次の日 美空ひばり死去の日 中国があの調子の日 喜納昌吉『ブラッド・ライン』を買う すべての人の心に花を 「川は流れて どこどこ行くの 人も流れて どこどこ行くの そんな流れがつくころには 花として 花として 咲かせてあげたい 泣きなさい 笑いなさい いつの日か いつの日
 『ブラッド・ライン』 喜納昌吉&チャンプルーズ か 花を咲かそうよ/涙ながれて どこどこ行くの 愛もながれてどこどこ行くの そんな流れを このうちに 花として 花として むかえてあげたい 泣きなさい 笑いなさい いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ/花は花として わらいもできる 人は人として 涙もながす それが自然の うたなのさ 心の中に 心の中に 花を咲かそうよ 泣きなさい 笑いなさい いついつまでも いついつまでも 花をつかもうよ」 沖縄の人も日本人だというのは日本人の傲慢だ 日本人が沖縄の人々にすべき事は 経済的に独立できるようになるまで支えるべき事 以後一つの国として独立してもらうのが一番いいんじゃないか ウチナーとして ライ・クーダーと久保田真琴が音楽的に支えた この独立したアルバムのように



   * [Blood Line] 喜納昌吉&チャンプルーズ

|

« 19890623 大丈夫中からの手紙 | トップページ | 19890625 »

11 大丈夫日記 Web版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/41633284

この記事へのトラックバック一覧です: 19890624 ダイジョウブラッド・ライン:

« 19890623 大丈夫中からの手紙 | トップページ | 19890625 »