« 19890629 DIJOEB,DOWN AND OUT IN PARIS AND LONDON | トップページ | 19890701 »

19890630 ジャスト・ダイジョウヴァース

遅くまで賃金労働させられて草臥れる 体が無数のギアやベルト +や-の電圧で動いているようで心許ない 人間はどこまで機械なのか 人間社会はその構成員たちを一個の機械どころか一個の機械の一部品として消耗させてゆく どうすればその圧力に屈せず一個の人間としてやっていけるか 金儲けは一種の思想統制だ そこから逃れるには拝金主義を排除すること 自分の内側の死に自分から向き合うこと 精神的プーになること
 『ジャスト・ラヴァーズ』 桜沢エリカ 取り立てていうべきことはない 岡崎京子に最も近いことは確か 田原は岡崎嬢の漫画の方が好きなことも確か 今朝の電車で隣に少年週刊漫画雑誌を読む大人が座ったので十年一日漫画連を横目で見てた 女の時代だな 女が男を選ぶ時代になってる 女の方が男より男らしい 女の方が金を持っている 女の方が自由に自分を生かしている 田原は彼女らにエールを送ってもらってる ありがとう



   * [エリカコレクション 恋人たち] 桜沢エリカ

|

« 19890629 DIJOEB,DOWN AND OUT IN PARIS AND LONDON | トップページ | 19890701 »

11 大丈夫日記 Web版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/41691730

この記事へのトラックバック一覧です: 19890630 ジャスト・ダイジョウヴァース:

« 19890629 DIJOEB,DOWN AND OUT IN PARIS AND LONDON | トップページ | 19890701 »