« 19890714 砂大丈夫の反乱 | トップページ | 19890716 大丈夫旅行 »

19890715

休日 「このひしひしと迫る静けさのなかで、ただ私だけだ孤独であり、この言葉を聞いた人々のなかで、私ひとりが無縁であった。」 ロレンスの思いが身にしみる 昨夜晩飯も食わずY嬢と電話 彼女の同僚でS竹とかいう女の子が田原のことを「おまめちゃん」と呼んでいるとか まめに電話しているかららしい そうかしら Y嬢は今日その子と箱根行ですと ただ田原だけが孤独であり無縁であった 嘘嘘 単にぐうたらなだけ



   * [知恵の七柱 (1) (東洋文庫 (152))] T・E・ロレンス 柏倉俊三訳

|

« 19890714 砂大丈夫の反乱 | トップページ | 19890716 大丈夫旅行 »

11 大丈夫日記 Web版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/41842844

この記事へのトラックバック一覧です: 19890715:

« 19890714 砂大丈夫の反乱 | トップページ | 19890716 大丈夫旅行 »