« 19891024 | トップページ | 19891026 DIJOEB FISH 9 »

19891025 大丈夫とは何か

道端を俯き加減で歩いている 何をするにも根気が続かない 元気な時には気にかからなかった事が無闇に体を刺す 自分の心の強さを確信していた男がその自らの心に裏切られる 視線は内側を向き決して開くことがない なぜこの手に彼女たちの体を抱けなにのだろう 指先で曲線をなぞって明日から今日から歩き出せないのだろう 彼女たちもそれを望んでいるのに 百年生きたような気がする 徒労の 昨日生まれたばかりの気がする 希望の 揺らぎつつ固まるものと固まりつつ揺らぐもの オリオンの季節になる
 『生命とは何か―物理的にみた生細胞―』 E・シュレーディンガー 岡小天・鎮目恭夫訳

|

« 19891024 | トップページ | 19891026 DIJOEB FISH 9 »

11 大丈夫日記 Web版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/42896821

この記事へのトラックバック一覧です: 19891025 大丈夫とは何か:

« 19891024 | トップページ | 19891026 DIJOEB FISH 9 »