« 19891202 | トップページ | 19891204 ダイジョウブニーとクレオパトラ »

19891203 関西弁の大丈夫噺

自転車乗り 松尾橋を渡って桂川右岸を嵐山とってかえして吉祥院公園まで 車道を随分走った その前に福岡国際マラソンをラジオ観戦 高温下の争い 記録は低調ながらデッドヒート最後は同タイムで一位二位が決定 ポルトガルのマティアス選手優勝 日本人は三位にコザス どんな字を書くのか想像がつかない 選手 マルタ島近辺依然波高く米ソ首脳会談またも予定を変更してソ連の客船ゴーリキー号船上で現在進行中 フィリピンクーデターは完全に市街戦の様相 一般市民に死者多数 なんでどうして教えて
 『関西弁の数学噺―数学世界を散歩する』 森毅 こないだ教育TVで出身小学校でそこの生徒相手に安野光雅との共作『三匹のこぶた』 もちろん数学の本 狼「ソクラテス」が五軒の家に潜む三匹のこぶたを狙うがこぶたの潜むその潜み方の順列組合せまた「ソクラテス」が彼らをものにできる確率はという本らしかった を材料に講義をするのをちらっと見た 橋本治氏のそっくりさんではある 「身近な所でやってみたら多分そういうことがありまして、計算なんかも心になじまんといかんですよね。そこら辺歩き回れることによって実際に歩いてみる。そんでそこら辺の地理がわかる。その程度には歩いて見んといかんと思うんです。それで、できることならちょっと迷いながら歩いていくほうがぼくはいいんじゃないかと思うんです。ただしそれは信州の山奥みたいな所、遭難しそうな所でやったらダメでして、できるだけその、成長というかその人間毎に、多少道に迷ったって大丈夫な所で迷う癖をつかとかないと、絶対に迷わないようにしちゃうと困るんやないかという気がぼくはする。最近では、そのことがいちばん数学教育に関して気になっています。』



   * [指数・対数のはなし―異世界数学への旅案内] 森毅

|

« 19891202 | トップページ | 19891204 ダイジョウブニーとクレオパトラ »

11 大丈夫日記 Web版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/43306041

この記事へのトラックバック一覧です: 19891203 関西弁の大丈夫噺:

« 19891202 | トップページ | 19891204 ダイジョウブニーとクレオパトラ »