« 19891214 大丈夫探偵東奔西走 | トップページ | 19891216 レッツ・ゴー・ダイジョウブリー »

19891215

ソ連の物理学者サハロフ氏死去 「ソ連原爆の父」と呼ばれたが後に一転して反体制派としてソヴィエト共産党を批判し長らく幽閉されていた その間に科学的功績に関してではなく政治運動家としてノーベル平和賞を受賞 ゴルバチョフのペレストロイカ路線で復権 下からの改革を世間から期待されていた矢先の死 というのがニューズで聞いた限りのアウトライン サハロフ氏の魂に今度生まれ変わったら純粋な科学者としての一生を望みますか それとも政治運動を続けられますかと聞いてみあい どちらを選ぶだろう



   * [ソルジェニーツィンとサハロフ]

|

« 19891214 大丈夫探偵東奔西走 | トップページ | 19891216 レッツ・ゴー・ダイジョウブリー »

11 大丈夫日記 Web版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/43435234

この記事へのトラックバック一覧です: 19891215:

« 19891214 大丈夫探偵東奔西走 | トップページ | 19891216 レッツ・ゴー・ダイジョウブリー »