« 19911105 | トップページ | 19911107 大丈夫人論 »

19911106 カザノヴァ大丈夫録(七)

空白 今10日午後二時 6日の事はまったく覚えていない 先日鈴木さえ子の「科学と神秘/Visinda og Leyndardomur」がCD化されたものを発見 買いました この日エルトン・ジョンとバーニー・トーピンの歌のオムニバス「TWO ROOMS」を買ったのかな 今も聞いている 「TWO ROOMS/Celebrating The Songs Of ELTON JOHN & BERNIE TAUPIN/Performed By:Oleta Adams,The Beach Boys,Jon Von Jobi,Kate Bush,Eric Clapton,Joe Cocker,Phil Collins,Daryl Hall & John Oates,Bruce Hornsby,George Michael,Sinead O'Conner,Rod Stewart,Sting,Tina Turner,The Who,Wilson Phillips」 それぞれの音楽家の音楽に対する愛が溢れていて嬉しい 七十九分も入っててお得です
 『カザノヴァ回想録(七)』 話は突然終わってしまう 七巻以降も回想録が存在するのか否かさえ読者には知らされない カザノヴァはその後も長く生きるわけだが 類稀れな個性の持ち主であったことは確か 意志の力があるようでなく淫蕩でありつつ抑制がきいていて 知識人でありつつ馬鹿 これは今の時代でもそうか 舞台を安土桃山時代において自由都市堺の住人として日本人カザノヴァを描いたら面白いかも 赤井秀和みたいな



   * [Visinda og Leyndardomur(科学と神秘)] 鈴木さえ子

   * [Two Rooms: Celebrating the Songs of Elton John & Bernie Taupin]

|

« 19911105 | トップページ | 19911107 大丈夫人論 »

11 大丈夫日記 Web版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/43036519

この記事へのトラックバック一覧です: 19911106 カザノヴァ大丈夫録(七):

« 19911105 | トップページ | 19911107 大丈夫人論 »