« 19911203 饗大丈夫宴 | トップページ | 19911205 半七大丈夫帳(一) »

19911204

講習会二日目 二時過ぎ試験終え退場 賃金労働場で仕事をしてから同僚のS君と千日前で飲酒 高橋「ヒッポ」がある事柄を完全に理解することができるが、それにもかかわらずそれを語る場合には、描像とか比喩しか使えないことを知らされる一つのすばらしい例だ。この場合、描像と比喩は本質的に古典的な概念であって、だから "波" や "粒子" もまた古典的な概念なのだ。それは、正確には現実の世界に適合しないし、お互い同士は部分的には相補的な関係にあり、だから矛盾してもいる。それにもかかわらず現象を記述する際には普通の枠内にとどまらねばならないので、真の事実に近づくには、これらの描像によるしかないのだ。」(同)/ここでハイゼンベルクがいっているの



   * [光る原子、波うつ電子] 伏見康治

|

« 19911203 饗大丈夫宴 | トップページ | 19911205 半七大丈夫帳(一) »

11 大丈夫日記 Web版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/43316067

この記事へのトラックバック一覧です: 19911204:

« 19911203 饗大丈夫宴 | トップページ | 19911205 半七大丈夫帳(一) »