« 19911205 半七大丈夫帳(一) | トップページ | 19911207 »

19911206

昨日の引用は『秋の日本』でしたが晩秋の京都では京都ホテルが再び計画通り増築に着工すると宣言 泥沼化 昨日のヒッポ 終了後にミーティング あんまり深く考えないほうがよいのではないか 高橋「ヒッポ」は、量子力学で使う「波」や「粒子」は、日常でぼくたちが使っているものとはぜんぜん違い、他に適当なことばがないので仕方なくつかっているということだ。かくして、自然科学は自然なことばによる完全な記述を断念する。だが、「原子論の現在の立場からすればまさにこの断念こそわれわれの理解における本質的な前進と考えられなければならないのです」(『原子論と自然記述』ニールス・ボーア著、みすず書房)。/文学史に詳しい人間なら、このボーアとハイゼンベルクの



   * [原子理論と自然記述 新装版] ニールス・ボーア 井上健訳

|

« 19911205 半七大丈夫帳(一) | トップページ | 19911207 »

11 大丈夫日記 Web版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/43340249

この記事へのトラックバック一覧です: 19911206:

« 19911205 半七大丈夫帳(一) | トップページ | 19911207 »