« 19911208 ダイジョウブ夫人の肖像 | トップページ | 19911210 村上春樹全大丈夫1979から1989 8 »

19911209

ソビエト情勢急転 スラブ系三国のロシア・ウクライナ・ベラルーシがEC方式の共同体を目指す宣言 どうなることか 風邪一日目 高橋「ヒッポ」を交わしたのだ。/『フィネガン』の説明はどんな風にもできるが、どんな風にやってもうまくいかない。もっとも説得力があるのが、ベケットの「他の作品はみんな『なにかについて』書いているが、この作品はその『なにか』そのものなのだ」という発言だろう。いまでも、たいていの作家は「なにかについて」、たとえば、愛とか、性とか、死について、書いている。そして、「なにかについて」書くことができると信じている。それは、ふつうのことばで、自然について書くことができると信じたニュートン物理学者の信念と同じだ。小説は



   * [ゴドーを待ちながら (ベスト・オブ・ベケット)] サミュエル・ベケット 安堂信也・高橋康也訳

|

« 19911208 ダイジョウブ夫人の肖像 | トップページ | 19911210 村上春樹全大丈夫1979から1989 8 »

11 大丈夫日記 Web版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/43365361

この記事へのトラックバック一覧です: 19911209:

« 19911208 ダイジョウブ夫人の肖像 | トップページ | 19911210 村上春樹全大丈夫1979から1989 8 »