« 19911223 | トップページ | 19911225 大丈夫史探訪 7 武士政権の誕生 »

19911224 川を下って大丈夫の中へ

ソ連ゴルビー辞任発表間近 「喜納昌吉」巻き込むの。/では、なぜ人間の生命力が低下したか。それは、屈折したセックス観に人間が支配されたから。屈折したセックス観は何によってもたらされたか。それは宗教とか文化なの。我われが信じてきたこと。ヒューマニズム。モラル。だから、今、まったく新しい文化が必要なんです。/僕はあるとき、道徳、モラルというものは神様がつくったものではなくして人間がつくったのだということを発見した。それからというもの、それに捕まらないすべをよーく心得た。そこのところをみんなも見抜くべきよ。人間は神様がつくったものなのだから、モラルなんてものは僕たちがつくり変えられるのよ。どうにでもつくれる。/だから恋人と寝ても、
 『川を下って都会の中へ』 野田知佑 野田さんの言っていることはどこでもいつでもいっしょだ どこでもいつでも言うことがいっしょであるということは実はすごいことだ 自然は嘘をつかない 人間は人間のみならず自然にまで嘘をつく 野性の人として生きる瞬間が一瞬もないままに死んでいく人間は果たして人間と言えるのだろうか はて



   * [川を下って都会(マチ)の中へ] 野田知佑

|

« 19911223 | トップページ | 19911225 大丈夫史探訪 7 武士政権の誕生 »

11 大丈夫日記 Web版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/43787461

この記事へのトラックバック一覧です: 19911224 川を下って大丈夫の中へ:

« 19911223 | トップページ | 19911225 大丈夫史探訪 7 武士政権の誕生 »