« 19911224 川を下って大丈夫の中へ | トップページ | 19911226 »

19911225 大丈夫史探訪 7 武士政権の誕生

プロ野球大洋球団中山投手幼女への猥褻行為容疑で逮捕される びっくり 「喜納昌吉」翌日スッパリ忘れてほかのひとと寝たもんね。で、少し離れてよそを見ると、またそこに・・・。ほとんど動物に近かったという。ハハハ。/別に自分を正当化するわけではないけれど、人間にとっては知性よりも感性のほうがずっと大きいはずなの、本来は。でも今知性で感性を模索するのが精一杯になっちゃってる。感性が知性のしもべになっちゃってる。/今生産されてる知性なんてどんどん消化できるくらいの、大いなる感性のある文化をつくっていきましょうよ。ハッハッハ。/考えてごらん。セックスがほんとうに健康的に開放されているならば、セックス産業なんていらないはず。それと聖職者
 『日本史探訪 7 武士政権の誕生』 角川書店編 「親鸞―仏教を民衆のものとした僧」構成板谷駿一武田一郎両氏・発言丹羽文雄氏「魂の思想家/丹羽 ぼくは八つの時に得度式をうけて、一人前のお坊さんになった。それから、仮名のついたお経を読んだりしたけど、宗教なんていうことは考えたこともなかったな。/しかし、お寺の中で生活しとるとね、宗教的な雰囲気というものは、血肉の中にとけこんでしまうんだなあ。こっちに意識してなくってもね。浄土真宗というのは非常に罪の意識が強い宗旨だから、おのずと、なにかそういう罪の意識っていうものを感ずるようになってるんだな。理屈はわかんなくっても。/



   * [父・丹羽文雄 介護の日々] 本田桂子

|

« 19911224 川を下って大丈夫の中へ | トップページ | 19911226 »

11 大丈夫日記 Web版」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/43817087

この記事へのトラックバック一覧です: 19911225 大丈夫史探訪 7 武士政権の誕生:

« 19911224 川を下って大丈夫の中へ | トップページ | 19911226 »