« 19970807 米沢富美子 『科学する楽しさ』 | トップページ | 19970816 加藤周一『夕陽妄語 第一輯 1984・4-1987・12』 »

19970811 小林よしのり 『新ゴーマニズム宣言』第1巻

小林よしのり 『新ゴーマニズム宣言』第1巻
 「ポルケ・ブック・レビュー http://www.booxbox.com/porque/」 より

 8月7日、『新ゴーマニズム宣言』第1巻(小林よしのり 小学館)を読みました。

 『ゴーマニズム宣言』の評判と「ごーまんかましてよかですか?」のセリフだけは聞き及んでいましたが、実際その作品に接するのは初めて。
 扶桑社の雑誌「SPA!」に連載され、単行本も9巻まで出ていた、『ゴーマニズム宣言』が、あの一連のオウム事件をきっかけに、小学館の雑誌『SAPIO』に引っ越した経緯も、初めて知りました。

 95年9月から96年4月までの連載のほか、筒井康隆江川紹子西部邁各氏との対談をまとめたもの。
 当然のことながら、オウムと薬害エイズが、大きなテーマになっています。

 小林さんに対して、ある種の尊敬の念を感じてしまいました。

 まず、そのプロ意識の強さ。これだけ、過激な発言をし、それ以上に行動をしつつ、漫画家としての自分を失うことなく、一連の事件を「エンターテインメント」化した力量。
 おそらく、小林さんの発言・行動を快く思わない人たちには、認め難い事実でしょうが、良質な「エンターテインメント」だけが、本当に深く現実にリンクできるのだと、再認識しました。

 「ごーまんかましてよかですか?」という言葉は、「現実に本気でコミットしていくぞー」という誓いのフレーズだったのですね。
 素晴しい。

 私が一番遅く読み始めた読者である可能性もある本です。
 すでに読んだ方にはもう何もいうことはないですし、まだ読んだことのない人には読んでみてというしかない。
 このへんでやめておいて、2巻3巻を探しにいきましょう。


 『新ゴーマニズム宣言』第1巻 小林よしのり 小学館 1996

|

« 19970807 米沢富美子 『科学する楽しさ』 | トップページ | 19970816 加藤周一『夕陽妄語 第一輯 1984・4-1987・12』 »

12 ポルケ?ブックレヴュー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 19970811 小林よしのり 『新ゴーマニズム宣言』第1巻:

« 19970807 米沢富美子 『科学する楽しさ』 | トップページ | 19970816 加藤周一『夕陽妄語 第一輯 1984・4-1987・12』 »