« 19980726 「宮崎駿」の特集番組を見る | トップページ | 19980728 もろもろの電話連絡 »

19980727 「公演前に持ってきてくれなきゃ意味がないじゃない!」

      [大地に立つ!] タルバガン AudioCD 2625円(tax in)

 朝一番FM北海道のSさんから電話。
 トゥバ共和国訪問中の嵯峨治彦氏宅の留守電に、連絡先として田原家の電話番号が入っているため。

 午前、アトピーの治療のため札幌市平岡の皮膚科医院に妻子を連れていく。
 アトピーは治療法が確立していない(つまりは原因がよくわからない)ため、あちらの医院こちらの医院、転院を繰り返す患者さんが多いのだという。そういう人たちを「アトピージプシー」と呼ぶらしい。
 わが家も三軒目。危険だ。
 ただただ痒いというしょうもない病状に思えるが、その痒みが消えず夜も眠れないとなると、本人はもちろん家族も大変。
 治療法が確定しない以上、医者個人の能力、特にカウンセリング能力が問われることになる。今回の医院も、子供のアトピーを克服!経験の持ち主のすすめ。

 教訓。
 ソフトウェア販売にあたっては、快く人間的にあたるべし。
 (すでに札幌市南区のMYさんみたいに、一人で3枚買ってくれた方もおられるし)

 午後、野幌郵便局よりINさんがわが家に来られて、第二子の学資保険の契約。
 初級FPの資格は生きているのか?

 このINさんが、TARBAGANのCD(と北海道新聞1998/07/11付け記事)を見て、いたく興味をしめす。
 保険の話そっちのけで、音楽の話。TARBAGANの資料を送ることに。

 教訓。
 何事にあっても、快く人間的にあたるべし。
 未来の顧客を一人つかまえたのだろうか(まあ、保険加入でつかまったという話もあるが)。

 地元「のっぽろ印刷」さんに新しい名刺の印刷をお願いする。
 DTP担当のYMさん(女性)に久々に会う。
 昨年春、野幌に越してきて、この人に出会ったことで、地元のコンピュータ好きの人々との繋がりが持てた。それ以上に広く大きな繋がりに関わっていて、地元の繋がりを有効活用できていない面もありますが。
 YMさんは、相変わらず、元気そうでした。Kitaraのコンサートのチラシ(7月10日公演日)を渡したところ、「公演前に持ってきてくれなきゃ意味がないじゃない!」と一蹴される。ははは。

 メタカンパニー経由でのこの一ヵ月の全国レコード店でのTARBAGAN売り上げはわずか3枚。
 なんとかせねば。

|

« 19980726 「宮崎駿」の特集番組を見る | トップページ | 19980728 もろもろの電話連絡 »

21 タルバガン=等々力政彦+嵯峨治彦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/15913827

この記事へのトラックバック一覧です: 19980727 「公演前に持ってきてくれなきゃ意味がないじゃない!」:

« 19980726 「宮崎駿」の特集番組を見る | トップページ | 19980728 もろもろの電話連絡 »