« 19980730 なんとホーメイフェスティバルでは | トップページ | 19980801 柳田邦男 『『犠牲(サクリファイス)』への手紙』 »

19980731 白い改造車には「日本音圧協会」のステッカー

 朝、大阪のKDさんから嵯峨治彦氏宛FAX。午後、TARBAGAN大阪ツアーのご案内FAXを送る。
 各所に電話し、嵯峨氏のスケデュールを確定する作業。

 午後、『『犠牲(サクリファイス)』への手紙』読了。

   * [『犠牲』(サクリファイス)への手紙] 柳田邦男

 三時、未来商会さんより依頼の『ぼくらの二千年』CD完成品を受け取りに、FS Musicへ。
 まずはボイジャー/ひつじ書房の営業で、「ヨドバシカメラ」に寄って担当のMCさん(女性)にご挨拶。
 FS Musicで現物を受け取り、新琴似の未来商会さんへ。OKさん(女性)との話が例によって面白くまた長居。旦那さんのOYさんの帰宅され、また長居。TARBAGAN好成績を喜んでいただいてうれしい。
 近いうちの再会を誓いつつ、午後七時過ぎおいとま。

 帰宅後、スケジュール調整作業の電話を続け、ナモーン・サルヒの熊澤さんのポケベルに連絡したところが、知らぬ人から応答。「このポケベル拾って、二週間もたって、落とし主に連絡もつけているのに、全然取りにこない。あんたが取りに来てよ」という返事。
 これでいいのか、とおもいつつ、札幌市北区の西茨戸まで、車を走らす。参ったなあ。
 石狩街道を北上し、わき道に入って、指定された住所の近辺まで辿り着くが、誰かに場所を聞こうにも当たりに人気がなく、電話しようにも公衆電話もない。難儀する。
 結局、幹線道路に戻り、やっと公衆電話を探しあて、さきほど探索したあたりで待ち合わせ。
 茶髪の若いおにいちゃん。電話での応対とは違って、取りに来たことに、恐縮している。届けに行こうかとも思ったが、結婚したてで金がなくって、とのこと。車のローンが・・・、というその白い改造車には「日本音圧協会」のステッカー。それでも、なぜか一戸建てらしき家に住んでいて、玄関にはちらりと奥さんの影が。
 帰りがけ、嵯峨氏宅に寄り、お茶をいただいて、帰宅。

|

« 19980730 なんとホーメイフェスティバルでは | トップページ | 19980801 柳田邦男 『『犠牲(サクリファイス)』への手紙』 »

21 タルバガン=等々力政彦+嵯峨治彦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/15957818

この記事へのトラックバック一覧です: 19980731 白い改造車には「日本音圧協会」のステッカー:

« 19980730 なんとホーメイフェスティバルでは | トップページ | 19980801 柳田邦男 『『犠牲(サクリファイス)』への手紙』 »