« 19980810 パンク魔の被害にあったもの | トップページ | 19980812 津野海太郎 『新・本とつきあう法』 »

19980811 大学院休学中の

 午前。
 大阪でのTARBAGAN公演に突然の変更。
 9月12日の「ミノヤホール」を6日に移動。12日、吹田の西山田公民館での演奏会が入ったということで。

 昨日のパンク修理で、車を近くのGSへ。あらあら昨日は空気の抜けてなかった一本もパンクしてる。

 午後。
 昼食後、嵯峨治彦さん宅へ。
 トゥバのビデオの編集作業のため、ふたたび。今日は、さすがに昨日置いてあった場所には駐車しない。嵯峨さんの話だと、この朝も一台被害にあったらしい。

 作業が一段落して、嵯峨さんと二人、ゆっくり話をする。
 大学院休学中の嵯峨さんの今後について。
 音楽と学業とを比較したなら、より集中し情熱を傾けられるのは今は音楽なのだという。今自分が音楽にかけているような情熱でもって、研究を進めている人間に、自分がかなうわけがない、というもっともな言葉を聞く。

|

« 19980810 パンク魔の被害にあったもの | トップページ | 19980812 津野海太郎 『新・本とつきあう法』 »

21 タルバガン=等々力政彦+嵯峨治彦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/42356805

この記事へのトラックバック一覧です: 19980811 大学院休学中の:

« 19980810 パンク魔の被害にあったもの | トップページ | 19980812 津野海太郎 『新・本とつきあう法』 »