« 19980930 TARBAGAN CD発売からちょうど半年 | トップページ | 19981002 朝、白石の北諭病院に »

19981001 一昨年、癌の摘出手術を受け

 一昨年、癌の摘出手術を受け、以後抗癌剤を飲み、定期検査を受けていた父が利尻島から来札。二年目の本格再検査のために、厚生病院に入院。

 昼、平岸の天神山国際ハウスに、嵯峨治彦さんとトンコリ奏者小川基さんの演奏を聞きに行く。
 二十名足らずのアジアからの留学生に、日本の文化に触れてもらおうというもの、韓国・中国・台湾・ロシアからの若い女性たち。
 昼食させながらの演奏で、なかなか集中してもらえない場面もあり、傍目に演奏者に対して同情を感じたりもするのだが、最後は皆を立たせ、踊りの輪を作るなど小川氏の健闘が光る。

 夕刻、家族で父親を見舞う。次女とは生まれて初めての対面。長女は歌をうたい、誉められて調子に乗る。
 いまどきは院内感染も怖いと、父親が気を遣っているのもわかるし、早々に引き上げる。
 生・老・病・死に、われわれができることは、あってないようなものなのかもしれない。

|

« 19980930 TARBAGAN CD発売からちょうど半年 | トップページ | 19981002 朝、白石の北諭病院に »

21 タルバガン=等々力政彦+嵯峨治彦」カテゴリの記事

22 利尻・利尻島・利尻山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/12105968

この記事へのトラックバック一覧です: 19981001 一昨年、癌の摘出手術を受け:

« 19980930 TARBAGAN CD発売からちょうど半年 | トップページ | 19981002 朝、白石の北諭病院に »