« 19990622 女系親子三代 | トップページ | 19990624 来てッ »

19990623 自主独立自尊の難しさ

    [大地に立つ!] タルバガン AudioCD 2625円(tax in)

 等々力政彦氏のCD-ROMにしろ、TARBAGANのCDにしろ、誰かに作ってみたらなどといわれて作り始めたわけではない。
 そうしたかっただけ。
 と同時に、それが不退転の決意で行った所業かというと、そうでもない。
 そういう流れ、大袈裟にいえば「運命」、だったとしかいいようがない。
 今回のTARBAGAN@Kitaraのような企画をすると、あれこれしなければならないことが山積みで、あせる。数ヵ月前、万全の準備でのぞむ予定だったものが、あと半月あまりにせまり、し残したことがたくさんあるようでもやもやする。
 ときどき、誰か仕事上でよきパートナーがいて、適所で的確なアドバイス・叱咤激励してくれれば、と思わないでもない。自分でやるのが一番安上がりなんだけど、そんなスーパー/グレイト/ビッグな男でもないしな・・・。
 自主独立自尊の人になるべく自己管理することはなかなか大変だ、と改めて思うわけです。
 日記というもの、古今より、自己管理のツールとして使われてきた側面もあるかも。妻に申し訳ないから、というより、日記に書かないわけにいかないし、そしたらバレルから、浮気は止めようとか・・・。
 アレっ?
 ちょっと違うか・・・。(ヲイヲイ・・・。)

 まずは、TARBAGAN@Kitara。
 「集中!」

 JFC(Japanese Filipino children - 日本人とフィリピン人の間に生まれた子)をテーマにした「マリーン」という演劇の札幌公演実行委員会AYさんからFAX。
 これも「流れ」でおつきあいすることになるかも。
 ちなみに公演は、10月9.10.11日、コンカリーニョにて。

|

« 19990622 女系親子三代 | トップページ | 19990624 来てッ »

21 タルバガン=等々力政彦+嵯峨治彦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/41621153

この記事へのトラックバック一覧です: 19990623 自主独立自尊の難しさ:

« 19990622 女系親子三代 | トップページ | 19990624 来てッ »