« 19990715 踊るフホダイー | トップページ | 19990717 A Hard Day's Night »

19990716 あなたはあがた森魚さんを信じますか?

 午後四時、新得着。
 第4回目となる「SHINTOKU 空想の森映画祭」にタルバガン出演のため。
 タルバガンの二人、モンゴル舞踏のフホダイーちゃん、TTさん、と私。
 夕刻より前夜祭が始まる。

 あがた森魚さんのライブが九時を回ってから。

 私は、中学時代、「月刊平凡」付録の歌本を見ながら、ギターの弾き語りで「赤色エレジー」を歌っていたぞ。
 高校時代は、LP「日本少年」をわざわざ予約して買ったぞ。月刊「宝島」(今の「宝島」を想像しないでくれ、ってか)の広告を見て、予約者特典付録があることを知って、それがどうしても欲しかったのさ。
 「日本少年」いやというほど聞きました。
 以後、やはりいやというほど聞くことになる、ムーンライダース、矢野顕子、大貫妙子、山下達郎という面々も、この一枚(二枚組だったが)が聞き初めだったのだ。

 しかしながら、以後「バンドネオンの豹(ジャガー)」という名盤を手にすることはあっても、次第にあがたさんの音楽を聞くことは少なくなっていく・・・。

 それが今回、自分の関わったユニットとの関わりで、身近にあがたさんに接することができるとあって、四半世紀近く前の、「日本少年」を繰り返し聞いた時代のあの心の震えが蘇ったのだった。

 新作映画「港のロキシー」の上映を新得町公民館で終えたあがたさんは、前夜祭会場の「新内ホール」に移動。
廃校を利用したそのホールの、元教室の客席から、元廊下を歩くあがたさんの姿を見つける。
 はっきり言って、頭の毛は薄くなっておられるが、四半世紀を越えて創造者として生きてこられたオーラが出ているのだろうか、不思議な若々しさ・みずみずしさを感じさせる風貌。

 声。
 歌う声が。
 素晴しい。

 曲目。

◆一曲目「?」
 いまどきのプロパーあがたファンではない私の知識不足・・・。

◆二曲目「小さな喫茶店」
 「バンドネオンの豹」CD版に入っていました。

◆ 三曲目「春の嵐の夜の手品師」
 ラブソングです。

◆ 四曲目「いとしの第六惑星」
 稲垣足穂「弥勒」を読んだのも十代の頃。

◆ 五曲目「つめたく冷して」
 「日本少年」収録。
プレスリーの「冷たくしないで」の巧妙なカバーソング。

◆ 六曲目「僕は天使ぢゃないよ」
 あがた監督同名映画の主題歌。

◆ 七曲目「港のロキシー」
 あがた監督同名映画の主題歌。

◆ 八曲目「?」
 「さよならはもういい」という歌詞。なんて曲か誰か教えて!

◆ 九曲目「ビー・マイ・ベイビー」
 あの「ビー・マイ・ベイビー」

◆ 十曲目(アンコール)「大寒町」
 あの鈴木博文の名曲。「I shall be released.」だったのか!

 終演後しばらくして、嵯峨治彦@タルバガンのホーミー&馬頭琴を元理科教室の窓の外(夜だよ)から見物していたあがたさんは、棚に顕微鏡が置かれたままの元教室に入ってくる。
 すかさず、持参していた(ヲイヲイ・・・)「日本少年」CDを手に、あがたさんにすりよる田原。
 ジャケットにサインをいただき、二言三言、言葉を交す。タルバガンCDを進呈することを告げ、住所を教えていただく。

 感慨。

 四半世紀を越えて、音楽活動を続けてこられたあがたさんに拍手を。
 「日本少年」が私に与えてくれたインパクトの百分の一でも、タルバガンCDがあがたさんにインパクトを与えてくれることを祈りつつ。

|

« 19990715 踊るフホダイー | トップページ | 19990717 A Hard Day's Night »

21 タルバガン=等々力政彦+嵯峨治彦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/41866915

この記事へのトラックバック一覧です: 19990716 あなたはあがた森魚さんを信じますか?:

« 19990715 踊るフホダイー | トップページ | 19990717 A Hard Day's Night »