« 20000823 音楽スタジオが欲しい | トップページ | 20000825 9月1日以降の新展開・二点 »

20000824 某ファミレスの冷房はきつい

 午前、A田さん来訪。
 ご依頼いただいているホームページの第一バージョンを見てもらう。

   * [トップ・プロデューサーの仕事術] 梶山寿子

 午後、札幌市内で、ラジオパーソナリティー・のしろや秀樹さんと、やはりホームページの件で、打ち合わせ。
 音楽業界人でもある、のしろやさんから、プロデューサと音楽プロデューサの違いについての話を聞かせてもらう。
 たとえば、「モーニング娘。」にとってのつんくは、あくまで音楽プロデューサであって、彼女たちをデビューさせるにいたったあの番組の企画からなにから取り仕切る人間を総合的なプロデューサというべきであろう、というような。

 すぐれた技術者とすぐれた営業マンのカップリングが、ときに大きな仕事・組織を生む、という話をよく聞くけれども、その相似形ではないか、という話も。
 確かに、この booxbox.com というレーベルを今後継続・発展させて行くにあたっては、ぼく一人の力では難しいだろう、という予感実感は以前から抱いていた。ジリ貧的継続は可能かもしれないけど、発展させるとなると、特に難しい。

 ところで、ぼくは「音楽プロデューサ」なのだろうか? 総合職プロデューサを名乗るには、全然やり手じゃないし。
 悩みはつきない、と言いたいところだが、悩むほどの頭もないので、考えないでモノを作ってしまっている、というのが実状か。
 そういうわけで、はたから見たら、プロデューサ職なんだろうが、本人はそうも思っていない。
 さらに、そういうわけで、自分が自分のパートナーとすべき「プロデューサ」の質に関しても、確たる志向を持てないでいる。

 できれば、ぼくより若くて元気で健康な、女性がいいな、と思うのだけれど、どなたかおられませんか?

|

« 20000823 音楽スタジオが欲しい | トップページ | 20000825 9月1日以降の新展開・二点 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20000824 某ファミレスの冷房はきつい:

« 20000823 音楽スタジオが欲しい | トップページ | 20000825 9月1日以降の新展開・二点 »