« 20020711 梅雨時の台風来襲 | トップページ | 20020713 アポイ、ふたたび »

20020712 「日高支庁の存続を!」

 午前、事務処理。メタカンパニーへ谷本光CD。FSMへ再プレス分代金振込み。

 正午、アンエリスさんと札幌駅で待ち合わせ。実は、1999年の新得以来、二度目の対面。札幌北インターチェンジから高速道路に乗り、浦河へ向かう。車中、日本語でもろもろ研究の話等々。鵡川で、のどうたの会嵯峨夫妻・等々力さんと合流。
 四時ごろ浦河着。アンエリスさんと以前交流があって会うことを楽しみにしていた遠山サキさんが、この日タルバガンと共演することになっている浦河ウタリ文化保存会の主要メンバーの一人で、日本口琴協会のCD「Mukkuri Hawehe」に参加された遠山サキさんでもあることが判明。びっくり。

   [Mukkuri Hawehe ムックリの響き] 日本口琴協会

 タルバガン演奏会開始。浦河ウタリ文化保存会の皆さんの演奏もあり(田原も輪踊りに参加)、アンコールでの遠山サキさん、堀悦子さんとの合奏が圧巻。タルバガン、遠山さん堀さん、双方、お互いを認め合っての演奏で、終演後の交流も美しいものだった。

 打ち上げは、例によって「酒仙」で。午前二時まで。
 泊めていただくO田さん宅で、静内のK池さん・N村さんと、午前三時までウダ話。よい。

|

« 20020711 梅雨時の台風来襲 | トップページ | 20020713 アポイ、ふたたび »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20020712 「日高支庁の存続を!」:

« 20020711 梅雨時の台風来襲 | トップページ | 20020713 アポイ、ふたたび »