« 20020726 幌延の風車 | トップページ | 20020728 どんと »

20020727 命日

 意外にも、昆布採りの旗があがる。利尻島には四つの漁業組合があって、それぞれがそれぞれの判断で、その日何の漁を行うか、その地域の天候・海上の状況を見て決定する。昔は、漁の開始の合図を、信号旗をあげて知らせていた。その名残で、漁のあることを「旗があがる」というわけ。しかし、今日の漁の時間は四十分という中途半端でかつ短いものだった。
 隣の松下さん、母が手伝いに行っている三上さんの昆布干しを手伝う。昆布干しをするのは何年ぶりだろう。

 父親の月命日。お坊さんが家に来て、読経。
 かつて親しくしていた女性の命日でもあることに改めて気づく。

   * [東京命日] 島田虎之介

 午後、利尻町立博物館にS藤さんを訪ねる。4月に入籍されたそうで、めでたい。
 アンエリスさんの友人で、ニシキギンポの仲間を探している研究者のことを伝える。
 
 三時過ぎ、昆布集め。

 ヴィデオカメラを持って歩いて、いろいろ撮影してみる。

|

« 20020726 幌延の風車 | トップページ | 20020728 どんと »

22 利尻・利尻島・利尻山」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20020727 命日:

« 20020726 幌延の風車 | トップページ | 20020728 どんと »