« 20021001 自縄自縛 | トップページ | 20021003 実現しなかった宮本常一と岡本太郎の対話 »

20021002 早足の台風

 大型で早足の台風、東日本を縦断。
 北海道もどれほど荒れるかと思ったが、江別の朝は意外と平穏に明けた。
 それでも、野幌森林公園を歩くと、台風通過の痕跡。水量が多く、折れた枝が道のあちこちに落ちていた。


nopporo-shinrin-koen,ebetsu,hokkaido,JAPAN

 スペインのとある団体から、とあるCDが届く。http://www.fnac.es/

 夕刻、北海道神宮へ。
 嵯峨治彦さんのトーク&ライブの夕べ。


hokkaido-jingu,sapporo,hokkaido,JAPAN

 「注文の多い掲示板」から引用。

[2088] (2002/10/03 00:01:12) 田原ひろあき@ブックスボックス
社務所はサイバーオフィス@オヂサンの雑感系
 北海道神宮で、嵯峨治彦さんのトーク&ライブを見てきました。普段のライブよりMCが長くて、それが「ゴビツアー」に関する話、という形式。
 完全ソロのステージを見るのは久しぶりかな。レパートリーが二三年前とは大きく変わっているなあと感じました。
 やはり「ネルグイ体験」のせいでしょうか。

 北海道神宮に足を踏み入れるのは、1989年5月の弟の結婚式以来。
 先月の「お神楽体験」もあり、今回は特に境内の空気が気になりました。格式のある神社はほとんど多くの人が「聖域」であると直感的に感じられる場所に建っている、という説があるそうで、宵闇に沈む鎮守の森から一層厳かな印象をうけました。
 三上敏視さんに、北海道神宮は神社にしては珍しく北向きに建てられていて、北方に睨みをきかすのが目的で、という話を聞いたので、確認。

 あと社務所がすごかった。きれいな広いオフィスで、神官の皆さんが水色の袴をはいて、コンピュータの前に座っている。
 イスラム原理主義者もネオナチの人もNGO・NPOの皆さんも、みんなコンピュータを使っている。コンピュータの話題なら、宗教もイデオロギーも越えて、共通に話あえるんじゃないかな。
 ビル・ゲイツにノーベル平和賞を!

|

« 20021001 自縄自縛 | トップページ | 20021003 実現しなかった宮本常一と岡本太郎の対話 »

21 タルバガン=等々力政彦+嵯峨治彦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/12120832

この記事へのトラックバック一覧です: 20021002 早足の台風:

« 20021001 自縄自縛 | トップページ | 20021003 実現しなかった宮本常一と岡本太郎の対話 »