« 20030625 「民の謡(たみのうた)」制作のCD「箕土路の鳴物」 | トップページ | 20030628 旭岳の間近 »

20030626 笑う浅越

  
  Daniela Hantuchová prepares to return Anna Chakvetadze's serve during the semifinals of the Bank of the West Classic.

 「注文の多い掲示板」から引用。

[2374] (2003/06/27 09:56:12) 田原ひろあき@ブックスボックス
泣きのダニエラ・ハンチュコバ@インフォマニア系

 ダニエラ・ハンチュコバ。試合中に泣きべそをかくプロテニスプレーヤーを初めて見た。ルックス良すぎ。ついつい見とれ、グーグルで検索し、思わずチェックを入れてしまいました。素敵です。

●「民の謡(たみのうた)」制作のCD「箕土路の鳴物」、傑作。

 「民の謡」www.taminouta.com が満を持して発表したCD「岸和田八木地区だんじり祭 箕土路の鳴物」、素晴らしいです。
 森田玲さんがやってくれました。
 たんじりの鳴物そのものの良さを削ぐことなく(地元民である森田さんにしかできなかった)録音・編集されていること、2002年時点のだんじりを後世に残す優れたアーカイブであること(ブックレット含む)、森田さんの「思い」が結実させた作品であること。
 いうことなしです。

 レーベルとしてのブックスボックスの有り方について迷い、アイクラ(笑)に陥り気味の田原でしたが、「箕土路の鳴物」を聴いて、頑張らねばと思いました。
 ということで、CD「箕土路の鳴物」おすすめです。

●「サハリン少数民族の伝統芸能 ニブフ・アンサンブル」

 サハリンの先住民族「ニブフ」伝統芸能公演が札幌であります。

 日時: 7月1日 19:00より
 会場: 北海道浅井学園大学・北方圏学術情報センター ポルトホール(札幌市中央区南1西22)
 入場無料ですが、入場整理券あり(問合せは 北方圏学術情報センター ポルト 011-618-7711 まで)

 ギリヤークとも呼ばれた、アムール河口一帯からサハリン北部で、狩猟漁労を営んでいた先住民族「ニブフ」。
 ニブフの伝統的な笛「カルニ」・楽器「ザス・チャス」・口琴「カンガ」の演奏や、シャーマンの踊りなどが見られるようです。

●CD「「アイヌ神謡集」をうたう」
 知里幸恵さんの「アイヌ神謡集」全13話を「謡」として復元したCDです。歌うのは、中本ムツ子さん。復元は、片山言語文化研究所の片山龍峰さん。ラグタイムギターの浜田隆史さんらによるイントロ及びエンディング音楽付。3枚組3000円。
 併せて、CD内容にそう詳細なブックレットが発売されたのですが、残念ながらこちらは未入手。
 こちらも「野心的」なCDだと思います。

●等々力政彦さん、6月30日、来道。

 7月1日のニブフ公演、いっしょに見に行く予定です。
 4日留萌、7日札幌のお寺、でタルバガン http:/tarbagan.net/ ライブです。

|

« 20030625 「民の謡(たみのうた)」制作のCD「箕土路の鳴物」 | トップページ | 20030628 旭岳の間近 »

21 タルバガン=等々力政彦+嵯峨治彦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/10682825

この記事へのトラックバック一覧です: 20030626 笑う浅越:

« 20030625 「民の謡(たみのうた)」制作のCD「箕土路の鳴物」 | トップページ | 20030628 旭岳の間近 »