« 20040216 「シャドウズ・アンド・ライツ」裏話「影と光」編 | トップページ | 20040222 booxbox X_X night 「谷本光」 中森花器店 »

20040219 「ども」読書会:白洲正子 『かくれ里』

   *

 ここは江別市高砂町。ドラマシアター「ども」。その二階で月一度開かれる読書会。参加者は三人。F倉さんとH坂さん、そしてぼく。

 今月の課題図書は、白洲正子かくれ里』。
 みな、読み方がそれぞれで面白かった。

 来月の課題図書は、藤倉徹夫さん 『れんがと女』。
 で、ワンクール、一年。

 この一年の課題図書を順に並べると:

 2003年4月、宮本常一忘れられた日本人』 (H坂さんチョイス)
      5月、アルセーニエフ 長谷川四郎・訳 『デルスウ・ウザーラ―沿海州探検行』 (田原チョイス)
      6月、佐藤賢一ダルタニャンの生涯』 (F倉さんチョイス 以下この順番で回る)
      7月、花村萬月触角記
      8月、小山慶太漱石が見た物理学―首縊りの力学から相対性理論まで
      9月、高橋竹山津軽三味線ひとり旅
      10月、高井有一高らかな挽歌
      11月、杉浦日向子百日紅
      12月、山本周五郎小説 日本婦道記
 2004年1月、中勘助銀の匙
      2月、白洲正子 『かくれ里』
      3月、藤倉徹夫 『れんがと女』

 F倉さん、H坂さん、田原以外で、この十二冊をすべて読(む)んだという人は、この世に存在するだろうか?
 もしいるとしたらそれはどんな人だろう、と想像するのも面白いかもしれない。



20040219 「ども」読書会:白洲正子「かくれ里」

20040130 白洲正子「かくれ里」

20040125 遊びといえば遊び 仕事といえば仕事

20040118 未読書感想文「本人の人々」「村上春樹全作品1990-2000 1」「三つの都の物語」「かくれ里」

19971119 白洲正子・加藤唐九郎『やきもの談義』

19970805 白洲正子 『両性具有の美』

19970220 白洲正子 『日本のたくみ』

19961019 洲之内徹 『気まぐれ美術館』


|

« 20040216 「シャドウズ・アンド・ライツ」裏話「影と光」編 | トップページ | 20040222 booxbox X_X night 「谷本光」 中森花器店 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20040219 「ども」読書会:白洲正子 『かくれ里』:

« 20040216 「シャドウズ・アンド・ライツ」裏話「影と光」編 | トップページ | 20040222 booxbox X_X night 「谷本光」 中森花器店 »