« 20040930 タルバガン第三作ご予約第一号 | トップページ | 20041002 二人の巨人道産子 »

20041001 「船の棺」に泣く

 午前。
 NHKの朝番組で若手邦楽器演奏家特集、津軽三味線の上妻宏光さんと尺八の藤原道山さんがゲスト、コメンテーターでデーモン小暮閣下。この一文は、そのいわゆる「若手」の人たちのTV出演についてではなく、デーモンさんのメーク(というかそれが「素顔」らしいんだけど)も「仮面」の一種だと感じたことの、備忘録。
 柳瀬美保CDレコーディングのため、午前中に帰札予定の岡田浩安さんから電話。飛行機に乗り遅れたとのこと。嵯峨治彦さんパートの録音、この日の午後から深夜に、延期。

   * 「ふたつの小鳥」 柳瀬美保 Audio CD 2500円 (tax in)

 午後。
 ホームページ更新作業。
 四時、野幌森林公園。
 岡田さんよりふたたび電話。本日のレコーディングは中止とのこと。でかける必要がなくなり、十一時から、NHK綜合「人間ドキュメント」「船の棺(ひつぎ)~戦没船員 遺族の日々」を見る。「太平洋戦争で犠牲になった民間船は七千隻、六万人を超える船員が亡くなりました。佐藤明雄さん(75)は、この20年間、そうした船を模型にして遺族に届けてきました。戦後五十九年、模型の船を通して肉親の死を見つめ直す戦没船員の遺族の日々を綴りました。」NHKホームページより)泣けた。

|

« 20040930 タルバガン第三作ご予約第一号 | トップページ | 20041002 二人の巨人道産子 »

21 タルバガン=等々力政彦+嵯峨治彦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/5911549

この記事へのトラックバック一覧です: 20041001 「船の棺」に泣く:

« 20040930 タルバガン第三作ご予約第一号 | トップページ | 20041002 二人の巨人道産子 »