« 20041002 二人の巨人道産子 | トップページ | 20041005 イフクベさん、行くべ »

20041003 河童仮面

 午前、NHK教育「新日曜美術館」。「河童になりたかった男・日本画家小川芋銭」。
 「数千点に及ぶ河童(かっぱ)を描き続けた日本画家の小川芋銭。彼の河童に込めた思いに迫る。独学で絵を学んだ芋銭は、新聞や雑誌に風刺画を送り続けながら庶民の視点から近代化の時代を見詰め、自然とともに生きる人間のありようを追求した。彼が描く河童は、妖怪としての奇怪なイメージとは懸け離れた、こっけいで喜怒哀楽をあからさまに表す愛すべき生き物として描かれている。芋銭は素朴で自由、時代にほんろうされながらもおおらかに生きる「個」としての庶民の姿を自ら河童画に込めた。」こちらのページから引用)
 ゲストに池内紀さん・楳図かずおさん。
 昨日からわが家に投宿中の等々力政彦さんと、蕎麦「わか竹」で昼食。

   * [アジアの仮面―神々と人間のあいだ] 広田律子

 午後、札幌市中央図書館。等々力さんのリクエスト。田原も、仮面関係の本を借りる。「アジアの仮面 神々と人間のあいだ」廣田律子編、「黒い翁 民間仮面のフォークロア」乾武俊、「神話の世界 神楽」渡部雄吉。
 夕刻、のどうたの会事務局。タルバガンの第三作CDの仮レコーディング。

 楳図かずおさんの仮面をテーマにしたホラー漫画、もう一度読み返したい。

|

« 20041002 二人の巨人道産子 | トップページ | 20041005 イフクベさん、行くべ »

21 タルバガン=等々力政彦+嵯峨治彦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/5911357

この記事へのトラックバック一覧です: 20041003 河童仮面:

« 20041002 二人の巨人道産子 | トップページ | 20041005 イフクベさん、行くべ »