« 20050604 足と球・ガラス・ステンレス・木炭に紙 | トップページ | 20050623 白ゴリ号、車検 »

20050622 昨日まで利尻島

昨日まで利尻島。

写真は、利尻山を横目に、道道を運転する田原。撮影は、助手席に座っていた、似顔絵画家の黒田晃弘さん。
9日から19日まで、実家の「倉」(築50余年)を改装してギャラリー化、14日以降は黒田さんが利尻入り、島の人の似顔絵を50余枚、描いた。

おかげさまで、利尻では、今まで会う機会もなかった利尻の人に会うことができてよかった。
1905(明治38)年に今の利尻町仙法志字御崎に、田原のご先祖が移住、今年でちょうと一世紀。新世紀を迎えるためのちょっとした試みが、今回の「利尻島ミサキ「倉」ギャラリー」の開設。
その百年と、倉の五十年と、黒田さんに描かれる今の利尻の人(自分も含まれているのかな・・・?)を、映像作品として定着させる予定。

朝から、島ではこなせなかった雑務をこなす。本当に「人生とは雑事との戦いである」と思う。
モノを作る環境を作り出すこともせずにモノを作り始めて、まあ結果運良くいろいろ作ってこれたわけだけど、今、その環境の不整備に苦しめられている、といったところ。
自分自身のマネージメント能力の低さも含めて。

今日は、ずいぶん気温が高かったみたい。
黒田さんも無事、次の似顔絵描きの地・帯広に無事到着したらしい。よかった、よかった。
緑が濃い。そして美しい。

|

« 20050604 足と球・ガラス・ステンレス・木炭に紙 | トップページ | 20050623 白ゴリ号、車検 »

22 利尻・利尻島・利尻山」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20050622 昨日まで利尻島:

« 20050604 足と球・ガラス・ステンレス・木炭に紙 | トップページ | 20050623 白ゴリ号、車検 »