« 20050623 白ゴリ号、車検 | トップページ | 20050801 ミュージックマガジン・中村とうよう・タルバガン »

20050728 未読書感想文・ジャズ系4冊と1枚

   * [ポートレイト・イン・ジャズ] 和田誠・村上春樹

ポートレイト・イン・ジャズ』 和田誠村上春樹 (新潮社 ; ISBN: 4103534079 ; (1997/12))
 CD/DVDショップを営業して歩いていると、音楽ジャンルとしての「ジャズ」は完全に復権したなあ、という印象を強く持つ。1950年代から60年代にかけて(つまりは半世紀近くも前!)の音楽ソフトが売場の多くを占めているのは、なんだか不思議な気もするが、最近よくジャズを(そう、ご多分にもれず、1950年代から60年代にかけての)聴くようになって、それは質・量ともに永く残ってしかるべき音楽のゴールデンエイジだったと再認識してる。

ポートレイト・イン・ジャズ』(CD (1998/05/13) ユニバーサルクラシック - ASIN: B00005681S)
 で、上のような本やその中で紹介される音楽家や楽曲をうまいことオムニバス化したこのCDなど、手に取り眺め聴いている次第。世代で分けて考えると、1945年(終戦)から1955年くらいまでに生れた人はジャズをよく聴き、その後の十年間に生れた人はロックを聴き、しているような印象がある。アナログ盤の時代に音楽を人間たちが、CD流通時代(の末期)になって、働き盛りも過ぎて、昔の音源を買い求めているということもあるのかも。

ビル・エヴァンスについてのいくつかの事柄中山康樹(河出書房新社 ; ISBN:4309268293 ; (2005/03/19))
 ということで、やはり中山康樹さんも1952年生まれ。上の本のほうの『ポートレイト・イン・ジャズ』で、村上春樹さん(こちらは1949年生まれ)が、当然ビル・エヴァンスについて書いておられて、スコット・ラファロ(ベース)、ポール・モチアン(ドラム)とのピアノ・トリオの名作四つ(その中の一枚が『ポートレイト・イン・ジャズ』)に触れている。それを読んでから、記念すべき1961年6月25日(日曜日)についての中山さんの文章(110pあたり)を読むと、なんとも切ない気持ちになる。

ビッチェズ・ブリュー エレクトリック・マイルスのすべて』中山康樹(広済堂出版 ; ISBN: 4331504468 ; (1994/07))
 で、そのビル・エヴァンス大フューチャーのマイルス・デイビスカインド・オブ・ブルー』が昔から好きで、1959年録音の『カインド・オブ・ブルー』から十年後「電気化」したマイルスはどんなものだったのだろうと、つい最近買った(恥ずかしながら・・・)のがCD『ビッチェズ・ブリュー』。四半世紀後の今の耳で聞くと、紛れもないジャズなんだけど、発表当時は賛否両論あったであろうことは想像に難くない。それはともかくこの本いい。市場(なんの?)にもきちんと評価されていて、プレミア本になっている模様。

マイルス・デイヴィスコンプリート・ディスコグラフィー first edition』中山康樹(双葉社 ; ISBN: 4575291617 ; (2000/11) )
 で、こういう本も出されている。内容・造本ともすぐれたものだと思うし、なによりこういう本が、日本人の手によって日本で出版されることになんだか「凄み」を感じる。それもこれも、ご本尊マイルスの凄さによるものなのだろうが・・・。そのレコーディング期間は、1945年から1991年まで。その間、常に革新的(確信的?)であり、後世のマスターピースを作り続けた音楽家というのもそうはいないだろう。中山康樹さんの域には達しないだろうが、マイルスも聴き続けていきたいもの。



 とはいうものの、五年後くらいには、CD/DVDショップの今のJAZZコーナー、60年代後半から70年代のプログレやらハードロックやらアメリカンロックの復刻盤でいっぱいになっていたりして。
 まあ、そのころには、CD/DVDショップ自体が過去のものになっている可能性もあるが・・・。



 

|

« 20050623 白ゴリ号、車検 | トップページ | 20050801 ミュージックマガジン・中村とうよう・タルバガン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/5656240

この記事へのトラックバック一覧です: 20050728 未読書感想文・ジャズ系4冊と1枚:

« 20050623 白ゴリ号、車検 | トップページ | 20050801 ミュージックマガジン・中村とうよう・タルバガン »