« 20050803 江別・稚内・利尻島 | トップページ | 20050805 利尻島・宿命の越境者・ドウス昌代の岩見沢 »

20050804 利尻島・東京するめクラブ・サハリン

   * [東京するめクラブ 地球のはぐれ方] 村上春樹・吉本由美・都築響一

 利尻島で、『東京するめクラブ 地球のはぐれ方』(村上春樹吉本由美都築響一 文藝春秋 20041115)読了。
吉本さんのことはよく知らないが、村上さんと都築さんらとともに旅をし、それが本になったら、それが面白くないわけがない。しかも行き先は、名古屋・熱海・ホノルル・江の島・サハリン・清里。
利尻島は、距離的に、サハリンにごくごく近い。ずっと訪れてみたいと思っている。でも本当に行くとするならホノルルの方が近い。

334P「村上 日本の地方都市では、選択肢が、サハリンなんかに比べると確かにいっぱいあるんだけど、面白いかって言われると面白くないんだよね、選択肢自体が。うるさいだけ。ところが、サハリンは選択肢なんてそもそもないわけじゃない。そのへん、実にがらんとしているというか、さっぱりしているというか。/吉本 別に何にも選択しなくても、そのへんにポーッと立ってて見ているだけでもけっこう楽しいし、歩いているだけでもね。道が広ーくて大きい木がいっぱい立ってて、野の花がざっくばらんにあちこち咲いていて。日本の田舎って、することがありすぎるのかもしれない。あっち行きたいとか、こっちにも行きたいとか。」

自然の面で昔の利尻の面影があるのではという期待があってのサハリン行き希望なのだが、上のような文章を読むと、生まれ育ったころの利尻の「豊かで退屈な時間」も経験できるのではないかと思ったり。

|

« 20050803 江別・稚内・利尻島 | トップページ | 20050805 利尻島・宿命の越境者・ドウス昌代の岩見沢 »

22 利尻・利尻島・利尻山」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 20050804 利尻島・東京するめクラブ・サハリン:

« 20050803 江別・稚内・利尻島 | トップページ | 20050805 利尻島・宿命の越境者・ドウス昌代の岩見沢 »