« 20070422 賢者の言葉・宮本常一・「利尻島見聞」その1 | トップページ | 20070423 「民芸手帖」目次・81号から90号・昭和40年 »

濃 々 草 ― KOTE-KOTE GUSA


第七十五段 なにか一つできる人
なんにもできない人は なんにもできないことで
なんでもできる時間と空間を 手に入れる
なんでもできる人は そのことで
なんにもできない人に ヤキモチをやくこともできる

なんにもできない人の なんでもできる時間や空間は
なんでもできる人の 手によって
なんにもできない人の 事情や気持ちにかまわず
なんにもできない時間や空間に 押し込められてお仕舞い

みんな いそがされることを いそいでいる
いそがせることに いそしんでいる
会うべき人と すれちがうようにばかり歩いて
いやなやつにぶつかると 愚痴る

みんな自分にあきあきしている そのくせ
他人にあきあきすることには けっしてあきない
どこにでも行けるから どこにもいられない
だから どこにも行けない

自分が なんにもできないことを知っている
わたしは なんにもしない
そのことで すべての時間と空間と なんでもできる人たちと
なんでもできなくちゃいけない自分自身 から解放されている

なんにもできないことに居直らず
なんでもできることに絶望せず
なんにもしないことを止めると
なにか一つできるようになる

わたしはそんな
はじめてのなにかひとつで
ひとつずつ
できあがっていく



第七十五段 つれづれわぶる人は
 つれづれわぶる人は、いかなる心ならん。まぎるる方なく、ただひとりあるのみこそよけれ。
 世に従へば、心、外の塵に奪はれて惑ひ易く、人に交れば、言葉、よその聞きに随ひて、さながら、心にあらず。人に戯れ、物に争ひ、一度は恨み、一度は喜ぶ。その事、定まれる事なし。分別みだりに起りて、得失止む時なし。惑ひの上に酔へり。酔の中に夢をなす。走りて急がはしく、ほれて忘れたる事、人みなかくの如し。
 未だ、まことの道を知らずとも、縁を離れて身を閑かにし、事にあづからずして心を安くせんこそ、しばらく楽しぶとも言ひつべけれ。「生活・人事・伎能・学問等の諸縁を止めよ」とこそ、摩訶止観にも侍れ。



濃 々 草 ― KOTE-KOTE GUSA
昭和生まれの一「徒然草」読者による、平成の世の、「徒然草」へのオマージュ
http://booxbox.cocolog-nifty.com/kotekotegusa/

 どうぞご覧ください。

|

« 20070422 賢者の言葉・宮本常一・「利尻島見聞」その1 | トップページ | 20070423 「民芸手帖」目次・81号から90号・昭和40年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 濃 々 草 ― KOTE-KOTE GUSA:

« 20070422 賢者の言葉・宮本常一・「利尻島見聞」その1 | トップページ | 20070423 「民芸手帖」目次・81号から90号・昭和40年 »