« 20070520 賢者の言葉・加賀野井秀一・それでも日本語は進化する | トップページ | 20070522 田原書店ノマド・神蔵美子『たまもの』・荒井由実『ミスリム』 »

20070521 「民芸手帖」目次・121号から130号・昭和43-44年

  
 民芸手帖 121号 [工人銘のこと] 東京民芸協会 1968/06月号
 表紙:花むしろ
 [工人銘のこと]伊東安兵衛/[壱岐のミノンタニ詣り]野間吉夫/[台湾紀行 6]岡村吉右衛門/[アイヌ民族の遺産 9]小寺平吉/[石仏交遊録 4]芦田英一/[民家のことあれこれ]小林昌人/

  
 民芸手帖 122号 [民芸品と民俗品] 東京民芸協会 1968/07月号
 表紙:魚籠・鹿児島
 [民芸品と民俗品]岡村吉右衛門/[民芸品の飾り方と使い方]糸川正三/[岩手の屋根看板]森口多里/[おもちゃ歳時記―灯玩のこと]斎藤良輔/[画家の書・版画家の書]小林正一/[海の民芸―海洋美術館]福村豊/[アイヌ民族の遺産 10]小寺平吉/[民家のことあれこれ 2]小林昌人/[日本万国博覧会に日本民芸館出展きまる]/

  
 民芸手帖 123号 [特集 旅] 東京民芸協会 1968/08月号
 表紙:仁井田の番楽
 [身近にある民俗]宮本常一/[旅とまつり]田中義広/[旅とこけし]西田峯吉/[旅と民家]溝口歌子/[旅と民芸]伊東安兵衛/[窯場春秋]永竹威/[旅とカメラ]島田謹介/[南米の旅と味覚]原口喜美子/[民家探訪 16 坂野家主屋と表門について]民家研究会

  
 民芸手帖 124号 [紅頭嶼紀行] 東京民芸協会 1968/09月号
 表紙:とうふ籠・岩手県浪打村
 [紅頭嶼紀行 1]岡村吉右衛門/[奄美群島紀行 1]小古部温/[ヨーロッパところどころ 1]山本正三/[平清水紀行]露木昶/[山岡三秋とその作品]小寺平吉/民家探訪17[重要文化財中崎氏住居について]民家研究会/[大原総一郎氏の逝去]/講演[柳先生と千利休]村岡景夫/

  
 民芸手帖 125号 [特集 上州の民家] 東京民芸協会 1968/10月号
 表紙:戸倉の養蚕農家の屋根
 [群馬県の農家]川島宙次/[上州の民家]矢島胖/[群馬県吾妻郡の出桁平カブト]小林昌人/[戸倉の養蚕農家]山本勝巳/[六合村の民家]溝口歌子/[紅頭嶼紀行 2]岡村吉右衛門/[奄美群島紀行 2]小古部温/[ヨーロッパところどころ(二)]山本正三/
.



 柳宗悦(やなぎ・むねよし 1889年3月21日 - 1961年5月3日)。民芸運動を起こした思想家、美術評論家(@ wiki)。
 この人の著作 * との出会いがなければ、今の自分もなかったのではないか、と常々思っています。
当ブログ「ようこそ、ようこそ」 * 記事に備え付けのgoogleで、項目「柳宗悦」で田原書店外伝内 を検索していただければ、その関連記事の多さに驚かれることでしょう。

 ブックスボックス 田原書店 * を始めるにあたって、柳宗悦さんの著作物・民芸や手仕事・さらに広く民俗学や民族学に関係する書籍は、在庫書籍ラインナップの中核にしていきたいと考えました。
 そんな思いが通じたのでしょうか、昨年8月、縁あって、古書店「ブックスボックス 田原書店」としての初めての買取に伺った、ある愛書家の方から、「民藝」と「民芸手帖」の大コレクションをもらいうけることになったのです。
 驚くとともに狂喜乱舞しました。正直のところ。

 さらに、2006年12月に「ブックスボックス 香聡庵」 * もオープンし、お客様には、実際に手にとって、「民藝」や「民芸手帖」をご覧いただく機会・場所にも恵まれました。
 ここは一つ、今一度その内容(コンテンツ)を、自分自身の手で自分自身のためにも、確認し、総数800冊近くに及ぶ両誌の展示方法を検討し、その文献的価値を広く世の中に伝えていきたいと考えています。(もちろん、「商品」でもありますので、ご自分でご活用・ご購入されたいという方には、喜んで販売いたします)
 
 そんなわけで、毎週月曜日、まずは「民芸手帖」の発刊の古い号から、「ブックスボックス 田原書店」のWEB上に、商品棚出し兼内容検索のための「目次」項目のアップをし、このBLOG上で、その進行状況のご報告と田原が気になった記事のご紹介をしていきたいと思います。

 お付き合いほど、どうぞよろしくお願いいたします。



  
 民芸手帖 126号 [東京の絵馬師] 東京民芸協会 1968/11月号
 表紙:いどこ(檜製) 和歌山県本宮産
 [東京の絵馬師]対馬好武/[自然材の包装]森口多里/[筑前の茜染め]野間吉夫/[浅間山麓記]鈴木朱竹/民家探訪18[重要文化財椎名氏住居]民家研究会/[津軽・八戸・日高の旅 1]岡村吉右衛門/[ヨーロッパところどころ(三)]山本正三/[民具・民俗・民族資料調査(五)]/[台湾紀行 1]岡村吉右衛門/

  
 民芸手帖 127号 [雪国秋田の保存食] 東京民芸協会 1968/12月号
 表紙:岩手県の大根干し
 [雪国秋田の保存食]奈良環之助/グラフ[各地の貯蔵食料の乾燥風景]/[民芸と「イーハートーヴ」]吉川保正/[北海道の民芸木工]小寺平吉/[津軽・八戸・日高の旅 2]岡村吉右衛門/[ヨーロッパところどころ(四)]山本正三/民家探訪19[津軽地方の民家]民家研究会/[浜田庄司氏文化勲章を受く]中村精/[芹沢銈介作品集出版記念祝賀会]

  
 民芸手帖 128号 [鳥居考] 東京民芸協会 1969/01月号
 表紙:石垣島真栄里の祭り行列
 [鳥居考]渡辺正一/[台湾旅行の想い出]山口泉/[津軽・八戸・日高の旅 3]岡村吉右衛門/[ヨーロッパところどころ(五)]山本正三/民家探訪20[木曾 奈良井の民家]民家研究会/

  
 民芸手帖 129号 [秘境をゆく] 東京民芸協会 1969/02月号
 表紙:船木研児作 淡鉄釉藁描水注
 [秘境をゆく 1]野間吉夫/[銘「多磨村」の一斗壺]佐々木芳人/[阿波の面劇]久米惣七/[鳥居考 2]渡辺正一/短歌[沖縄の旅]小林正一/[津軽・八戸・日高の旅 3]岡村吉右衛門/[ヨーロッパところどころ(六)]山本正三/民家探訪21[常陸 金砂郷の民家]民家研究会

  
 民芸手帖 130号 [荒物の花は韓国にも咲いていた] 東京民芸協会 1969/03月号
 表紙:早春の道祖神・静岡県富士宮市郊外
 [荒物の花は韓国にも咲いていた]山口泉/[雪の中の湯町窯]福間貴士/[秘境をゆく 下]野間吉夫/[ヨーロッパところどころ(七)]山本正三/民家探訪22[下総 東葛飾の民家]民家研究会/



20070514 「民芸手帖」目次・111号から120号・昭和42-43年

20070507 「民芸手帖」目次・101号から110号・昭和41-42年

20070430 「民芸手帖」目次・91号から100号・昭和40-41年

20070423 「民芸手帖」目次・81号から90号・昭和40年

20070416 「民芸手帖」目次・71号から80号・昭和39-40年

20070409 「民芸手帖」目次・61号から70号・昭和38-39年

20070402 「民芸手帖」目次・51号から60号・昭和37-38年

20070326 「民芸手帖」目次・41号から50号・昭和36-37年

20070319 「民芸手帖」目次・31号から40号・昭和35-36年

20070312 「民芸手帖」目次・21号から30号・昭和35年

20070305 「民芸手帖」目次・14号から20号・昭和34年から35年

20070226 「民芸手帖」目次・2号から13号・昭和33年から34年

|

« 20070520 賢者の言葉・加賀野井秀一・それでも日本語は進化する | トップページ | 20070522 田原書店ノマド・神蔵美子『たまもの』・荒井由実『ミスリム』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/15163833

この記事へのトラックバック一覧です: 20070521 「民芸手帖」目次・121号から130号・昭和43-44年:

« 20070520 賢者の言葉・加賀野井秀一・それでも日本語は進化する | トップページ | 20070522 田原書店ノマド・神蔵美子『たまもの』・荒井由実『ミスリム』 »