« 20070527 賢者の言葉・ハイゼンベルク『部分と全体』・言葉についての討論 | トップページ | 20070529 田原書店ノマド・南区 八剣山登山・Quarteto Em Cy »

20070528 「民芸手帖」目次・131号から140号・昭和44-45年

  
 民芸手帖 131号 [東京民芸協会十五年を迎えて] 東京民芸協会 1969/04月号
 表紙:田の神さま(鹿児島県)
 [東京民芸協会十五年を迎えて]中村精/[古い「民芸」誌を読む]加藤恭太郎/[美への遍歴]熊本栄太郎/[インドの太陽]原口喜美子/[廉兵ヱ人形]吉田璋也/[民俗の中の花巻人形]森口多里/[庄内の漆と竹塗り]秋野庸太郎/民家探訪23[重要文化財旧北村家住宅について]民家研究会/[ヨーロッパ ところどころ]山本正三/[旦那の義太夫]伊東安兵衛/短歌[沖縄の歌(二)]小林正一

  
 民芸手帖 132号 [危殆に頻する五条坂の登窯] 東京民芸協会 1969/05月号
 表紙:タコ壺の山・岡山県下津井港
 [危殆に頻する五条坂の登窯]河井武一/[袖師窯今昔記]尾野敏郎/[大堀相馬焼との出会い]水野皓市/[山菜への招待]斎藤仁/[食在台湾(一)]佐々木芳人/[ヨーロッパ ところどころ(九)]山本正三/民家探訪24[重要文化財 羽石進氏宅]民家研究会//

  
 民芸手帖 133号 [台湾の民芸とデザイン] 東京民芸協会 1969/06月号
 表紙:北港媽祖廟前の獅子舞い
 [台湾の民芸とデザイン]伊藤清忠/[食在台湾(二)]佐々木芳人/[ヨーロッパ ところどころ(10)]山本正三/[民家探訪25[重要文化財 旧泉家住宅]民家研究会/[さぬきの食べものあれこれ]市原輝士/[長野の初音の笛について]柳沢善吉/[民芸品と露座の大仏]小寺平吉//

  
 民芸手帖 134号 [讃岐漆芸] 東京民芸協会 1969/07月号
 表紙:岡山県早島の花莚干し
 [讃岐漆芸]市原輝士/[羽黒山紀行]露木昶/[台湾の民芸とデザインⅡ]伊藤清忠/[食在台湾(三)]佐々木芳人/[ヨーロッパ ところどころ 11]山本正三/民家探訪26[重要文化財 山本信一氏宅]民家研究会//

  
 民芸手帖 135号 [対談 五十年の友情] 東京民芸協会 1969/08月号
 表紙:山形県川西町小松の豊年獅子踊り
 [対談 五十年の友情]浜田庄司・バーナード・リーチ/[浜名湖と姫街道]中村精/[食在台湾(四)]佐々木芳人/民家探訪27[重要文化財 吉村家住宅]民家研究会/[小鹿田と小石原]野間吉夫/[ヨーロッパ ところどころ]山本正三/[木曾奈良井宿・越後屋の芳名録]白崎俊次//
.



 柳宗悦(やなぎ・むねよし 1889年3月21日 - 1961年5月3日)。民芸運動を起こした思想家、美術評論家(@ wiki)。
 この人の著作 * との出会いがなければ、今の自分もなかったのではないか、と常々思っています。
当ブログ「ようこそ、ようこそ」 * 記事に備え付けのgoogleで、項目「柳宗悦」で田原書店外伝内 を検索していただければ、その関連記事の多さに驚かれることでしょう。

 ブックスボックス 田原書店 * を始めるにあたって、柳宗悦さんの著作物・民芸や手仕事・さらに広く民俗学や民族学に関係する書籍は、在庫書籍ラインナップの中核にしていきたいと考えました。
 そんな思いが通じたのでしょうか、昨年8月、縁あって、古書店「ブックスボックス 田原書店」としての初めての買取に伺った、ある愛書家の方から、「民藝」と「民芸手帖」の大コレクションをもらいうけることになったのです。
 驚くとともに狂喜乱舞しました。正直のところ。

 さらに、2006年12月に「ブックスボックス 香聡庵」 * もオープンし、お客様には、実際に手にとって、「民藝」や「民芸手帖」をご覧いただく機会・場所にも恵まれました。
 ここは一つ、今一度その内容(コンテンツ)を、自分自身の手で自分自身のためにも、確認し、総数800冊近くに及ぶ両誌の展示方法を検討し、その文献的価値を広く世の中に伝えていきたいと考えています。(もちろん、「商品」でもありますので、ご自分でご活用・ご購入されたいという方には、喜んで販売いたします)
 
 そんなわけで、毎週月曜日、まずは「民芸手帖」の発刊の古い号から、「ブックスボックス 田原書店」のWEB上に、商品棚出し兼内容検索のための「目次」項目のアップをし、このBLOG上で、その進行状況のご報告と田原が気になった記事のご紹介をしていきたいと思います。

 お付き合いほど、どうぞよろしくお願いいたします。



  
 民芸手帖 136号 [松江と其周辺] 東京民芸協会 1969/09月号
 表紙:若狭の極彩色の六地蔵
 [松江と其周辺]河井寛次郎/[中国山地にワタタ細工の村を訪ねて]牧野和春/[鳥取道祖神の奉賽物]三田健児/[食在台湾(五)]佐々木芳人/[ヨーロッパところどころ(13)]山本正三/民家探訪28[重要文化財 吉村家住宅(二)]民家研究会//

  
 民芸手帖 137号 [雪国秋田の保存食] 東京民芸協会 1969/10月号
 表紙:多々良窯の仕事場の壁
 浜田庄司講演[焼物の技法(一)]/[浅間夏書]鈴木朱竹/[天ヶ瀬の民家]野間吉夫/台湾・食べある考[食在台湾(六)]佐々木芳人/[ヨーロッパところどころ(14)]山本正三/[木曽の旅(一)]岡村吉右衛門//

  
 民芸手帖 138号 [特集 野州の民家] 東京民芸協会 1969/11月号
 表紙:石倉と石屋根の民家・今市渡辺邸
 [栃木県の民家]塚田泰三郎/[野州重要文化財民家岡本憲氏住宅]山本勝巳/[野州の石屋根と石造りの民家]小林昌人/[日光例幣使道を訪ねて]溝口歌子/[焼物の技法(二)]浜田庄司講演/[食在台湾(七)]佐々木芳人/[ヨーロッパところどころ(15)]山本正三/[木曽の旅(二)]岡村吉右衛門//

  
 民芸手帖 139号 [木喰上人足跡の研究] 東京民芸協会 1969/12月号
 表紙:船木研児作 淡鉄釉刷毛紋壺
 [焼物の技法(三)]浜田庄司講演/[木喰上人足跡の研究]島本静吾/[台湾の民芸品を買いに]丸山太郎/[民家と北海道と]小寺平吉/[食在台湾(八)]佐々木芳人/[ヨーロッパところどころ(16)]山本正三/[木曽の旅(三)]岡村吉右衛門//

  
 民芸手帖 140号 [羽黒山の松例祭] 東京民芸協会 1970/01月号
 表紙:初荷の正月飾り
 [羽黒山の松例祭]戸川安章/[岩手のオミキノクチ]森口多里/[北欧の民家 1]山本勝巳/台湾・食べある考[食在台湾 9]佐々木芳人/[山形のたび 1]岡村吉右衛門/[東北の旅]丸山太郎/[松方会長さん お目出度う]



20070521 「民芸手帖」目次・121号から130号・昭和43-44年

20070514 「民芸手帖」目次・111号から120号・昭和42-43年

20070507 「民芸手帖」目次・101号から110号・昭和41-42年

20070430 「民芸手帖」目次・91号から100号・昭和40-41年

20070423 「民芸手帖」目次・81号から90号・昭和40年

20070416 「民芸手帖」目次・71号から80号・昭和39-40年

20070409 「民芸手帖」目次・61号から70号・昭和38-39年

20070402 「民芸手帖」目次・51号から60号・昭和37-38年

20070326 「民芸手帖」目次・41号から50号・昭和36-37年

20070319 「民芸手帖」目次・31号から40号・昭和35-36年

20070312 「民芸手帖」目次・21号から30号・昭和35年

20070305 「民芸手帖」目次・14号から20号・昭和34年から35年

20070226 「民芸手帖」目次・2号から13号・昭和33年から34年

|

« 20070527 賢者の言葉・ハイゼンベルク『部分と全体』・言葉についての討論 | トップページ | 20070529 田原書店ノマド・南区 八剣山登山・Quarteto Em Cy »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/15243403

この記事へのトラックバック一覧です: 20070528 「民芸手帖」目次・131号から140号・昭和44-45年:

« 20070527 賢者の言葉・ハイゼンベルク『部分と全体』・言葉についての討論 | トップページ | 20070529 田原書店ノマド・南区 八剣山登山・Quarteto Em Cy »