« 20070617 賢者の言葉・『宮本常一 写真・日記集成』・について、荒木経惟+森山大道が語る | トップページ | 20070619 田原書店ノマド・森山大道 写真展・荒木経惟 本 »

20070618 「民芸手帖」目次・161号から170号・昭和46-47年

  
 民芸手帖 161号 [工芸品の美] 東京民芸協会 1971/10月号
 表紙:鹿児島県志布志の荒物屋
 [工芸品の美]柳宗悦/[魅惑の油壺]永竹威/[民芸と植物]鈴木朱竹/[北印度・泰旅行記 7]岡村吉右衛門/[大和の民家 4 奈良盆地の農家]川島宙次/[関東地方最古の民家]山本勝巳/[俳句 道南の旅]川辺多麻子/[四季の労働唄 21 石場つき・地突唄]安達宣弘/[壱岐・対馬点描]野間吉夫

  
 民芸手帖 162号 [アメリカ民芸家具蒐集綺談] 東京民芸協会 1971/11月号
 表紙:十津川の民家
 [アメリカ民芸家具蒐集綺談]池田三四郎/[アメリカに持っていった合掌造り]伊東安兵衛/[出雲大社町に残された伝統]小田部温/[大和の民家 5 南山中の山家]川島宙次/[北印度・泰旅行記 8]岡村吉右衛門/[四季の労働唄 22 紙すき唄]安達宣弘/

  
 民芸手帖 163号 [求菩提と国東] 東京民芸協会 1971/12月号
 表紙:津軽漆器の仕事振り
 [求菩提と国東]野間吉夫/[大和の民家 6 南山中の山家]川島宙次/[北印度・泰旅行記 9]岡村吉右衛門/[四季の労働唄 23 舟唄]安達宣弘/

  
 民芸手帖 164号 [越路の道祖神] 東京民芸協会 1972/01月号
 表紙:鬼凧を描く老人・壱岐郷の浦
 [越路の道祖神]芦田英一/[阿波の駄菓子]久米惣七/[北印度・泰旅行記 10]岡村吉右衛門/[大和の民家 7 奈良県の町家]川島宙次/[四季の労働唄 24 舟下し唄・他]安達宜弘/

  
 民芸手帖 165号 [鳥取県の浦富焼を訪ねて] 東京民芸協会 1972/02月号
 表紙:埼玉県小川町の楮踏み
 [鳥取県の浦富焼を訪ねて]牧野和春/[バーナード・リーチ氏を訪ねて]三橋すえ子/[離島・奥尻の民俗誌]小寺平吉/[越路の道祖神 2]芦田英一/グラフ[周防・長門・石見・出雲]白崎俊次/[千葉県の民家 1]小林昌人/[四季の労働唄 25 漁師唄・他]安達宣弘
.



 柳宗悦(やなぎ・むねよし 1889年3月21日 - 1961年5月3日)。民芸運動を起こした思想家、美術評論家(@ wiki)。
 この人の著作 * との出会いがなければ、今の自分もなかったのではないか、と常々思っています。
当ブログ「ようこそ、ようこそ」 * 記事に備え付けのgoogleで、項目「柳宗悦」で田原書店外伝内 を検索していただければ、その関連記事の多さに驚かれることでしょう。

 ブックスボックス 田原書店 * を始めるにあたって、柳宗悦さんの著作物・民芸や手仕事・さらに広く民俗学や民族学に関係する書籍は、在庫書籍ラインナップの中核にしていきたいと考えました。
 そんな思いが通じたのでしょうか、昨年8月、縁あって、古書店「ブックスボックス 田原書店」としての初めての買取に伺った、ある愛書家の方から、「民藝」と「民芸手帖」の大コレクションをもらいうけることになったのです。
 驚くとともに狂喜乱舞しました。正直のところ。

 さらに、2006年12月に「ブックスボックス 香聡庵」 * もオープンし、お客様には、実際に手にとって、「民藝」や「民芸手帖」をご覧いただく機会・場所にも恵まれました。
 ここは一つ、今一度その内容(コンテンツ)を、自分自身の手で自分自身のためにも、確認し、総数800冊近くに及ぶ両誌の展示方法を検討し、その文献的価値を広く世の中に伝えていきたいと考えています。(もちろん、「商品」でもありますので、ご自分でご活用・ご購入されたいという方には、喜んで販売いたします)
 
 そんなわけで、毎週月曜日、まずは「民芸手帖」の発刊の古い号から、「ブックスボックス 田原書店」のWEB上に、商品棚出し兼内容検索のための「目次」項目のアップをし、このBLOG上で、その進行状況のご報告と田原が気になった記事のご紹介をしていきたいと思います。

 お付き合いほど、どうぞよろしくお願いいたします。



  
 民芸手帖 166号 [民芸運動はいかにあるべきか] 東京民芸協会 1972/03月号
 表紙:豊岡の柳行李作り
 座談会[民芸運動はいかにあるべきか]吉田璋也・金子量重・対馬好武・福村豊/[遠江に残る木喰上人の微笑仏]中村精/[越路の道祖神 3]芦田英一/グラフ[豊岡の柳行李作り]白崎俊次/[千葉県の民家 2 屋根葺きの技術]小林昌人/[俳句 出雲の旅]川辺多麻子/[四季の労働唄 28 袖志海女節]安達宣弘

  
 民芸手帖 167号 [ウィリアム・モリスのこと] 東京民芸協会 1972/04月号
 表紙:こけしに描彩する工人・遠刈田新地
 [ウィリアム・モリスのこと]山本正之/[木地屋雑記]西田峯吉/[木地玩具とこけし]菅野新一/[東北に散見する呉道子大悲図像]吉川保正/[千葉県の民家 3 大原幽学と民家]小林昌人/

  
 民芸手帖 168号 [サの神とヒの神] 東京民芸協会 1972/05月号
 表紙:丹後の彩色六地蔵
 [サの神とヒの神]田中義広/[かつぐ祭礼屋台]森口多里/[毎日新聞京都支局と河井寛次郎]藤田信勝/[ニセ物闊歩]丸山太郎/[鼠を採りあげた大津絵の画題]片桐修三/[ヴァルツォーの民家]山本勝巳/[ウィリアム・モリスのこと 2]山本正三/[四季の労働唄 27 草刈唄・他]安達宣弘

  
 民芸手帖 169号 [散ルサクラ 残ルサクラモ] 東京民芸協会 1972/06月号
 表紙:岡山県早島の花莚干し
 [散ルサクラ 残ルサクラモ]野間吉夫/[奥三河の道祖神]白井保/[ウィリアム・モリスのこと 3]山本正三/[千葉県の民家 4 重要文化財花野井家住宅について]山本勝巳/[四季の労働唄 28 茶つみ唄]安達宣弘/[俳句 駿遠遅日]高島秀造

  
 民芸手帖 170号 [北方アイヌと民芸品] 東京民芸協会 1972/07月号
 表紙:那覇壺屋の石壁
 [北方アイヌと民芸品]小寺平吉/[小さい自然も守りたい]丸山太郎/[ウィリアム・モリスのこと 4]山本正三/[千葉県の民家 5 手賀沼河畔の農家]山本勝巳/[四季の労働唄 29 雨乞い唄]安達宣弘/



20070611 「民芸手帖」目次・151号から160号・昭和45-46年

20070604 「民芸手帖」目次・141号から150号・昭和45年

20070528 「民芸手帖」目次・131号から140号・昭和44-45年

20070521 「民芸手帖」目次・121号から130号・昭和43-44年

20070514 「民芸手帖」目次・111号から120号・昭和42-43年

20070507 「民芸手帖」目次・101号から110号・昭和41-42年

20070430 「民芸手帖」目次・91号から100号・昭和40-41年

20070423 「民芸手帖」目次・81号から90号・昭和40年

20070416 「民芸手帖」目次・71号から80号・昭和39-40年

20070409 「民芸手帖」目次・61号から70号・昭和38-39年

20070402 「民芸手帖」目次・51号から60号・昭和37-38年

20070326 「民芸手帖」目次・41号から50号・昭和36-37年

20070319 「民芸手帖」目次・31号から40号・昭和35-36年

20070312 「民芸手帖」目次・21号から30号・昭和35年

20070305 「民芸手帖」目次・14号から20号・昭和34年から35年

20070226 「民芸手帖」目次・2号から13号・昭和33年から34年

|

« 20070617 賢者の言葉・『宮本常一 写真・日記集成』・について、荒木経惟+森山大道が語る | トップページ | 20070619 田原書店ノマド・森山大道 写真展・荒木経惟 本 »

03 「民藝」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/15489164

この記事へのトラックバック一覧です: 20070618 「民芸手帖」目次・161号から170号・昭和46-47年:

« 20070617 賢者の言葉・『宮本常一 写真・日記集成』・について、荒木経惟+森山大道が語る | トップページ | 20070619 田原書店ノマド・森山大道 写真展・荒木経惟 本 »