« 20080513 田原書店ノマド・東京は夜の六時半・「東京は夜の七時」 | トップページ | 20080526 (制作)業務日誌・霰なのか雹なのか・人の朗読会@札幌と自分の講座講師@東京 »

20080525 賢者の言葉・小島寛之・「ほとんど至るところ」がすべてでない世界

   * [あたらしい教科書 0 学び]




  『あたらしい教科書 0 学び』 あたらしい教科書編集部 編 (プチグラパブリッシング 2006) 「第2章 考える手引き」より、

 「数学×小島寛之」から「「ほとんど至るところ」がすべてでない世界」を引用。 

 確率論には「ほとんど至るところ(almost everywhere)」という用語があります。これは「広い平原の中に髪の毛ほどの細い筋がある、その筋をのぞいたすべて」というような意味です。この用語を使うなら、僕の人生は「ほとんど至るところ負け」だったと思います(笑)。僕だけじゃなくて、大多数の人はそうなんじゃないかな。でも、人生では確率論と違って、細い一本の筋を無視しちゃいけない。その筋を確かにたぐり寄せることで、新しい展開が開けてくることがあるからです。何十人、何百人もの人に「平均的に」認めてもらう必要なんてないんです。たった一人の重要な人物の目に留まればいい。そのためには腐らないで、全力で仕事をし、全身全霊で勉強すること。見返りを求めたり、効率化したらダメです。手を抜かない誠実さは、きっと自分の観測できないところで誰かの目に留まります。僕の場合には、何度もそういう「ほとんど至るところゼロであったはずの奇跡」が起きました。

 自分を変えたい、違う自分になりたいと思った時には、そこで安易なショートカットをするのはやめた方がいいんじゃないかと思います。わかったような気になったり、取り繕えばいいというのではなく、じっくり対象に向き合う。その時に必要なのは、やっぱりあきらめないで努力すること。そして、恥をかいたり、失敗したりすることを、恐れない覚悟。自分はどうありたいか。そこに向かって、何をすればいいのか。その途中で、失敗や負けは、当然出てくる。けれども、誠実に持続することから、昨日とは違う自分が生まれてくる。数学とも、そういうふうに向き合うようにしたら、一皮むけるんじゃないかな。



小島寛之@Wikipedia

|

« 20080513 田原書店ノマド・東京は夜の六時半・「東京は夜の七時」 | トップページ | 20080526 (制作)業務日誌・霰なのか雹なのか・人の朗読会@札幌と自分の講座講師@東京 »

04 賢者の言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/41320704

この記事へのトラックバック一覧です: 20080525 賢者の言葉・小島寛之・「ほとんど至るところ」がすべてでない世界:

« 20080513 田原書店ノマド・東京は夜の六時半・「東京は夜の七時」 | トップページ | 20080526 (制作)業務日誌・霰なのか雹なのか・人の朗読会@札幌と自分の講座講師@東京 »