« 20080614 ブックスボックス 田原書店・棚出し&お買上・「ことばの四季報」~「さる業界の人々」 | トップページ | 20080617 田原書店ノマド・音楽:ノイズのあるなし・地域:中央と周縁 »

20080615 賢者の言葉・寺田寅彦 『柿の種』・「死刑囚」

   * [柿の種] 寺田寅彦




  『柿の種』 寺田寅彦 (岩波文庫 1996) より、

 「死刑囚」を引用。 

 友人の生理学者が見せてくれた組織学(ヒストロギー)の教科書の中にいろいろな人体の部分の顕微鏡写真がたくさん掲載されている。その図の下にある説明を読んで行くと「ある若き死刑囚の○○」といったようなのがかなり多数にある。

 虎や豹は死してその毛皮をとどめる。そうして人間の生活になにがしかの貢献をすると同時に自己がかつてこの世に生存していたという実証を残す。

 この世に活かしておけないという理由で処刑された人間の身体の一局部のきわめて微細な顕微鏡標本は生理学や医学の教科書に採録されて世界の学徒を教育する。

 くだらない人間や、あるいはきわめていけない人間の書いたものでも後世を益することはある。たとえそれがどんなうそでも詐りでも、それでもやはり人間のうそや詐りの「組織」を研究するものの研究資料としての標本になりうる。ただしそれが「詐らざるうそ」「腹から出てうそ」でないと困るかもしれない。

 とは言うものの、「佯りのうそ」でも結局それがほんとうに活きていた人間の所産である限り、やはりそれはそれとしても標本として役立つかもしれない。

 全く役に立たない人間になる、ということほどむつかしい事はないかもしれない。

                          (昭和十年七月三日)



寺田寅彦@Wikipedia


田原ヒロアキの 「ポルケ?ブックレヴュー 」 http://www.booxbox.com/porque/ より:

19961125 寺田寅彦 『柿の種』

|

« 20080614 ブックスボックス 田原書店・棚出し&お買上・「ことばの四季報」~「さる業界の人々」 | トップページ | 20080617 田原書店ノマド・音楽:ノイズのあるなし・地域:中央と周縁 »

04 賢者の言葉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/41579743

この記事へのトラックバック一覧です: 20080615 賢者の言葉・寺田寅彦 『柿の種』・「死刑囚」:

« 20080614 ブックスボックス 田原書店・棚出し&お買上・「ことばの四季報」~「さる業界の人々」 | トップページ | 20080617 田原書店ノマド・音楽:ノイズのあるなし・地域:中央と周縁 »