« 大丈夫日記 札幌・おわらない冬~場の場と言葉と言葉の場(回文だよ)・20081207-13 | トップページ | 大丈夫日記 札幌・万博世代のセクシャリティ~・20081221-26 »

大丈夫日記 札幌・詩人達の朝とフットボーラー達の夜~選択のしようもない?・20081214-20

20081220 選択のしようもない?

   * [14歳からの社会学 ―これからの社会を生きる君に] 宮台真司


「サッポロロフト古書の街」店番当番日 午後、あおい千馬さん・美園のTさん相次いでご来訪 千馬さんは田原がいるとは知らず、お互いびっくり/金融危機からの雇用不安 ひとごと その理由 一つは長期間経済難で危機に麻痺していること も一つは誰かに雇われるという考えのないこと それはともかく契約破棄即住居退去はやはり酷い 企業側は、そこに住民票がある人に対しては、一定期間家賃補助くらいすべきでは 首切りにあった人の報道など見て大変だなあとは思うが、一方で独立自営するという発想は持たないのかなとも思う 政府・行政もいまこそ起業しやすい社会システムをつくるというのも景気対策の一つになるんではないかとも思う ハローワークでの麻生さん並に、現況では、とんちんかんな発言かもしれないが ともかく「ブックスボックス 田原書店」の「ロフト棚」を見ていると、それが正しいのかどうかはともかく、色々な意味で「すべて自分の選択」だな、と思う



20081219 世界のトヨタ・日本の日本

   * [MANCHESTER UNITED 2007-08 OFFICIAL DVD BOX マンチェスター・ユナイテッド2007-08公式DVD BOX]


午前 外伝巡回/午後 昼食時、前日のガンバ対マンU戦復習(笑) マンU側にとっては本番決勝前に、なんで5点取ったり3点取られたりしなきゃならないんだというところか あの遠藤のフリーキックを全世界で億単位の人が見たわけ マンUに対して「守らない」で「3点も取る」チームが「日本」にあるというのは間違いなく世界中の人々にとって驚きだったと思う 強烈なメッセージ サッカーの持つ「力」の大きさをよく理解しているのが世界企業「TOYOTA」の人たち 頭いいと思う 国の人たちもどんな外交政策より「サッカー大国」になるほうが諸外国(の民衆)にはインパクトが強いということを理解できればいいのに 人口・経済力からみて「大国化」の可能性は高いのに そのトヨタさえ赤字とは 発送作業 翌日の晩ご飯までみこしてカレー作り/夜 「ロフト古書の街」準備 『和紙-WASHI』後藤清吉郎(1975 ギャラリー吾八 限定二百部帙入・本体和装とじ・署名印入り)出品予定



20081218 利尻で「ホシコ」と言えば昆布干しする人「干し子」

   * [ホシコ―星をもつ馬] 加藤多一 早川重章:絵


午前 臨時店番出勤で「サッポロロフト古書の街」/午後 手製本棚の前に老紳士 棚の名刺入れに手を伸ばされたのをきっかけにお話 手製本見返しマーブル紙の件で何度かお電話いただいたKさんその人 双方びっくり 何度もご来店いただいているとか ありがたい このブログご覧いただけているでしょうか? 今後ともよろしくお願いいたします/その後加藤多一さん・飛島詩子さんが連れ立ってご来店 気儘に新刊・古書とわず店内を徘徊される多一氏をおいて、詩子さんと手製本棚の前で対話 来年「ぽこぺん」で開催予定の「H野K子展」(仮称)に田原も関われるのではないか、とのご提言をいただく ありがたい ところでK子嬢は前日カナダに発ったらしい/夜 クラブW杯、ガンバ大阪対マンチェスターU 後半の凄まじいドツキ合い 大笑いした ガンバ頑張った マンU勢呆れ顔 「風のガーデン」最終回 来春北海道の山野ではエゾエンゴサクが例年に増して大人気だろうね



20081217 民芸関係歓迎

   * [手仕事の日本] 柳宗悦


午前 月例セリ市に参加 ジムニー「白ゴリ」号積荷満載でバックミラーでは後ろ見えず車体も沈む その出品五山すべて札が入る ホッ 買いの札も何枚か入れるが先月同様気合入らず、予想通り一つも取れず/午後 空になった車、根室「道草書房」さんを助手席に、臨時店番出勤で「サッポロロフト古書の街」へ/S堂書店の常連さんで、旧静内町にお住いのMさんと対話 Mさんはなんと柳宗悦とも同席、直接言葉を交わされたことがあるのだと 民藝にまつわる様々な話 勉強になる 「民藝」数冊と手製本ハードカーバー化文庫本ノート一冊をご購入いただく ありがとうございました/その後もう一方陳列分「民藝」に目を留められた老紳士と対話 民藝関係書籍の買取は可能かとのご質問 ええ喜んで もし機会があればということで名刺を交換 H学園大学名誉教授の肩書を持つSさん ありがたい/夜 クラブW杯サッカー キト@エクアドル対パチューカ@メキシコ 南米勝利



20081216 20年間の本箱生活と15年間の結婚生活

   * [フロン―結婚生活・19の絶対法則] 岡田斗司夫


午前 外伝巡回 1989年今時期の日記に「BOX BOOX」の文字 20年かけて形にしてきたわけか まったく運がいい/午後 翌日のセリ準備 T氏蔵書預かり分の仕分け作業 500冊ほどを運搬箱から出しざっとジャンル分け、一山二千円以上のセリ値がつくよう五つの山を作る それを持ち運びできるよう25冊ぐらいずつで結束 単純計算で20本ほどの本の柱が出来る その各々に山番・通し番記入の荷札を取り付け 途中、夕食準備/夜 作業継続 十時近く準備完了 車をマンション入口に停め、五階から台車で積込む作業 ばたばたと動き続ける夫のその横で、とうにパジャマに着替えぼんやりTVを眺め続ける家人にむかっ腹を立てる 手伝おうという気持ちにもなれないのかと/一方で、口だけ「手伝おうか」とアリバイを言って実際は動かない女や、自分より気が利いて動きっぱなしの女でも、結婚生活はうまく行かなかっただろうとも思っている これはこれで15年かけた形なのだ



20081215 堀田善衛的詩人たちの肖像

   * [若き日の詩人たちの肖像] 堀田善衛


午前 外伝巡回 筋トレ/午後 発送作業 夕刻「秀衡椀」のNMさんよりFAX 田原宛の電子メールが送信できないのでとのこと 菅原清蔵氏文掲載「民芸手帖」に追加で「民藝」322号(菓子型特集)と堀田善衛『若き日の詩人たちの肖像』のご注文 「田原書店外伝」も「風のガーデン」もご覧になっておられるとのこと NMさんありがとうございます/この日「サッポロロフト古書の街」では、堀田善衛・田沼武能=写真『カタルーニア讃歌』売れる 『定家明月記私抄(正・続)』も古書店を始めて間もなく売れた 全巻揃わずの『ゴヤ』文庫本も一冊ずつ各々違うお客様の元へ 堀田人気根強しと再認識 田原は『ミシェル 城館の人』読破いまだ果せず/夜 登録作業「売春の社会学」ジャン・ガブリエル・マンシニ 寿里茂訳・「遊行と巡礼」五来重・「アイルランドの民話と伝説」三宅忠明・「日本金工史」香取秀眞・「オカルト・ジャパン」山折哲雄/鎌田東二・「江戸紫絵巻源氏」井上ひさし、等々



20081214 詩人達の朝とフットボーラー達の夜

   * [読むことは旅をすること―私の20世紀読書紀行] 長田弘


午前 「新日曜美術館」特集「魂の色と形を求めて 洋画家・山口薫」 ゲストに詩人長田弘氏 自作詩の朗読も 先週の書漏らし 7日「親日美」裏番「題名のない音楽会」谷川俊太郎・賢作親子出演、ちらと見た 片づけ/午後 豊平区T氏宅へ 共々に風邪のマスク着用で 17日の札幌古書組合月例セリ会に出品する本の引取 総計750冊ほど ジムニー白ゴリ号に一度では積みきれず川沿-美園を二往復 マンション五階までの上げ下ろしもちょっと大変 筋トレは絶対必要 これで札が入らなかったどうしよう どこも世知辛い世の中だからね なにしろTさんいつもありがとうございます/夜 クラブW杯、ガンバ大阪対アデレード戦、TV観戦 1対0で、ガンバの順当な勝利 「顔」の遠藤の活躍は言わずもがな、加地・明神のベテラン移籍組と二川・橋本・安田の生え抜き組のコンビネーションも絶妙 マンチェスターユナイテッドとの対戦が楽しみ(どこまで通用するのか、のレベルだけど)


|

« 大丈夫日記 札幌・おわらない冬~場の場と言葉と言葉の場(回文だよ)・20081207-13 | トップページ | 大丈夫日記 札幌・万博世代のセクシャリティ~・20081221-26 »

02 大丈夫日記 札幌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/43513546

この記事へのトラックバック一覧です: 大丈夫日記 札幌・詩人達の朝とフットボーラー達の夜~選択のしようもない?・20081214-20:

« 大丈夫日記 札幌・おわらない冬~場の場と言葉と言葉の場(回文だよ)・20081207-13 | トップページ | 大丈夫日記 札幌・万博世代のセクシャリティ~・20081221-26 »