« 20120317 この一週間・twitter & twilog・「比呂司です」 | トップページ | ようこそ、ようこそ。 »

20120324 この一週間・twitter & twilog・「会津藩士関場春信」

----->>> twitter & twilog



2012年3月24日(土)

【写真 20120324】 雪の降る街を http://t.co/9PCIKz0L
posted at 22:39:41



渋谷系聴いてたオマイラ、「今日は一日“GS”三昧」聴け!
posted at 19:24:23


こちら札幌 藻岩山南麓、今日の雪は半分雨っぽいやつ。雪はお昼前に雨へとかわるだろう、題名「彼岸・過ぎ」、みたいな。平成の札幌、真冬の自転車と、雪の日に傘持つ人、増えた。昭和の道産子なんで、今日も普通に防寒して歩きます。札幌の桜の開花予想日、5月4日とか。まだまだ雪道歩行続くのさ。
posted at 09:22:54




2012年3月23日(金)

【写真 20120323】 タルバガン Tarbagan CD 『野遠見』 (booxbox 2005) http://t.co/udIQMEbk
posted at 22:29:56



『北辰の如く 関場不二彦伝』秦温信(北海道出版企画センター) 号・理堂。『関場理堂選集』『西医学東漸史話』、入手したし。北海道立図書館に「関場理堂資料」あり、要チェック。そして今度利尻に帰ったら、会津藩士関場春信の墓に詣でるとしよう。
posted at 20:11:45


『北辰の如く 関場不二彦伝』秦温信(北海道出版企画センター) 北辰病院は1898年から。新さっぽろ「札幌社会保険総合病院」は、1990年に「北海道健康保険北辰病院」から名称変更、前身が北辰病院。現院長が、著者秦温信氏。この120年で、どれほど、北海道の医療を支えて下さったものか。
posted at 20:07:45


『北辰の如く 関場不二彦伝』秦温信(北海道出版企画センター) 札幌では、ジョン・バチェラー宣教師の訪問を受け、その「アイヌ施療病室」を手助けする。1895年には宮部金吾らと「札幌人類学会」設立、二年後にはベルツが札幌を訪れ、不二彦同行で石狩のアイヌ村落を訪問調査する。
posted at 20:01:16


『北辰の如く 関場不二彦伝』秦温信(北海道出版企画センター) 不二彦の東京帝大医科での師は、スクリバとベルツ。星新一の祖父小金井良精の授業も受けたとか。妻悦子の学友樋口国子の姉夏子が、樋口一葉。一葉の日記に、関場家から本を借りるという記述もあるそう。弟関場茂樹は優れた橋梁設計家。
posted at 19:52:15


『北辰の如く 関場不二彦伝』秦温信(北海道出版企画センター) 不二彦の曽祖父春信は1808年に、なんと利尻島で死んでいる。28歳。北方警備につきその地で命を落とした会津藩士らの墓の一つが春信のものらしい。不二彦が北海道を目指し、そこに留まった理由の一つなのではないかと著者は書く。
posted at 19:44:08


『北辰の如く 関場不二彦伝』秦温信(北海道出版企画センター 2011)読了。関場(1865-1939)は、会津生れ。東京帝大卒の医師。1892年札幌移住、医学界に偉大な足跡を残す。田上義也の最初の施主・富貴堂書店のお得意さん程度の認識で読み始めたが、実際はとんでもない傑物だった。
posted at 19:31:11


【カーネーション】「夏木」糸子編は、「宇治十帖」なんじゃないかと思った。中村優子さんって、すごいんだな。
posted at 08:23:46




2012年3月22日(木)

【写真 20120322】 VERANDSCAPE 20120322 14:38 http://t.co/KBLmCsqa
posted at 22:20:09



【感情論】 程度問題を、受け容れられるのが知性で、受け容れられないのが感情なんだろうな。
posted at 17:34:16


こちら札幌 藻岩山南麓、ぼたん雪がしんしんと降っております。夜中にトイレに行って起きて、また寝て、「五十代のリア充の在り方ってどんなだ」みたいな夢を見て目覚めて、『カーネーション』を見て「八十代のリア充の在り方ってどんなだ」と思った、そんな朝です。松隈俊子『新渡戸稲造』読みます。
posted at 09:17:04




2012年3月21日(水)

【写真 20120321】 Makrokosmos 20120321 戦前の岩波文庫、浄瑠璃・歌舞伎系 http://t.co/qnOLV88V
posted at 23:31:52



そこんとこあれなんだよなこれがまた
posted at 22:31:39


【トニー・ピンク】「わたしのなまえはかるめんでっすゥ あなたのおなまえなんてえの」
posted at 20:43:59




2012年3月20日(火)

【写真 120320】 古書交換会出品分積込完了 http://t.co/iJUmMSXN
posted at 22:17:08



NHK-FM “今日は一日渋谷系三昧”聴いてる。当り前なんだけど、世代が違う感が(小西康陽さんとは同学年ではありますが)強い。昭和時代の各20年後は激変するんだけど、平成年代内の20年後は20年前と何も変わっていない感じがするんだけど、自分だけなんだろうか。昭和の人だと自認自覚。
posted at 22:09:27


【感情論】若いころには出来にくくて、ある程度年齢を重ねて出来やすくなる、ほとんど唯一の事に、感情の抑制があると思うんだけど、出来ないお年寄りが必ず一定数いて、そんな人の抑える気もない感情の発露を見る度、やり切れない思いを抱くのだが、そんな時「早く死ねばいいのに」と思う自分の感情。
posted at 10:42:40


.。oO( つぶやけない・・・。 )
posted at 09:54:22




2012年3月19日(月)

【写真 20120319】 Makrokosmos 20120319 父の形見の RICOH S3 http://t.co/1BS0jeKT
posted at 22:07:27



【我が着て 脱ぎ置きし服に 亡き父の 匂いせし夜に 一人佇む】=【なんか俺 死んだオヤジと 同じような 加齢臭してるわ 超ヤバクね?】
posted at 17:46:10


こちら札幌 藻岩山南麓、また薄っすら雪積もりました。が、札幌近辺、今週末あたりはもう、フクジュソウ咲いてるはず。CX5で写真を撮ろう。
posted at 09:58:14




2012年3月18日(日)

【写真 120318】 まだ雪降ってるんです http://t.co/bS5rGr1o
posted at 22:30:50



『ボン書店の幻 モダニズム出版社の光と影』内堀弘(ちくま文庫 2008)一読。石神井書林さんの力作。ボン書店主・鳥羽茂(とば・いかし 1910‐1939)の生涯。読書中しばしば、アルセーニエフとデルス・ウザーラの事が頭に浮かびました。ブックスボックス 田原書店の、指針の一冊かも。
posted at 18:06:52


NHK『日曜美術館』見ます。「ゆるむ・ひらく・アートの旅~青森編~」、出演:須藤元気さん・水野美紀さん。須藤さんの「WORLD ORDER」面白い。水野さん、きれい。青森県立美術館と十和田市現代美術館、だそう。
posted at 08:52:12

|

« 20120317 この一週間・twitter & twilog・「比呂司です」 | トップページ | ようこそ、ようこそ。 »

02 大丈夫日記 札幌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/54303374

この記事へのトラックバック一覧です: 20120324 この一週間・twitter & twilog・「会津藩士関場春信」:

« 20120317 この一週間・twitter & twilog・「比呂司です」 | トップページ | ようこそ、ようこそ。 »