« 20120707 この一週間・twitter , twilog & facebook・「小樽ロマンチカ 東京のひとよ」 | トップページ | 201207021 この一週間・twitter , twilog & facebook・「頭の上の雲」 »

201207014 この一週間・twitter , twilog & facebook・「あっという間に明治145年」

----->>> twitter , twilog & facebook



2012年7月14日(土)

【写真 20120714】 北の大地で生き延びていた「あっという間にコックさん」@真駒内五輪団地内路上 http://t.co/vCtxzdEf
posted at 23:54:48



真駒内花火大会がもうすぐ近所で始まります。
posted at 19:36:24


NHK-FMらじる★らじる http://t.co/vJ9R8qUb バラカン氏「ウィークエンドサンシャイン」(今日はウディ・ガスリー特集)~ゴンチチ氏「世界の快適音楽セレクション」(特集 フランスの音楽)視聴中。午後は書庫で手製本作り。札幌、晴れてきそう。多雨地域が心配です。
posted at 08:32:19




2012年7月13日(金)

【写真 20120713】ミュンヘン大橋と藻岩山 http://t.co/OTBbAPVJ
posted at 22:15:13



(続き)どうしても只の浅い交りではなかった。もちろん、出版屋と売文業者との単純な関係ではなかった。/どうかすると、足助君がヒョッコリやって来て、茶か水かをウマそうに飲んで行く事があった。人は用事がなくて何となくやって来る時、初めて友人である。」『足助素一集』 湖北社 昭和6年元刊
posted at 21:31:03


【足助君の友人】「足助素一君は片手に有島武郎君を友人に持って居た。そして片手には山川均君をも友人に持って居た。有島と山川、その一人だけでも随分の重みだが、二人となれば大した重みである。/私は足助君と深い友人という程度にまでは達しなかった。然し山川君を間に置いて居る関係上、(続く)
posted at 21:26:36


黒岩比佐子『パンとペン 社会主義者・堺利彦と「売文社」の闘い』334pあたり。優れた翻訳家でもあった堺利彦の残した作品に、ジャック・ロンドンの『野性の呼声』と『ホワイト・ファング』(白い牙)があって、単行本は共に足助素一の叢文閣から刊行。『足助素一集』の堺の足助追悼文が泣かせる。
posted at 21:19:24


黒岩比佐子『パンとペン 社会主義者・堺利彦と「売文社」の闘い』(講談社)読了。素晴しい。再読せねば。これが遺作とはまったく惜しい人をなくしたものだ。中公文庫『堺利彦伝』(改版 2010)解説と『堺利彦獄中書簡を読む』(菁柿堂 2011)中に、黒岩さんの利彦文があるらしい。読もう。
posted at 21:10:07


黒岩比佐子『パンとペン 社会主義者・堺利彦と「売文社」の闘い』読書。1917年堺は東京市から衆院選に立候補。東京市人口約230万、有権者数3万7203人。トップ当選鳩山一郎(由紀夫ジジ)票数2676。落選の堺25票、宮武外骨3票。貧乏人(今の田原のような)や女性は当然参政権なし。
posted at 09:14:03




2012年7月12日(木)

【写真 20120712】 雨の日の緑の http://t.co/zbC0kPhF
posted at 23:03:58



北海道の冬も大変だけど、さすがに朝起きたら床上積雪とか何十人も行方不明とかない。暑い寒い降る降らない、土地毎に大体傾向もあり。九州は毎年雨の被害は必定で、でも降るまで場所特定できないみたいな感じなんだね。厄介。日本という自然豊かな国の宿命なのか。わが事として備えよう(含む地震)。
posted at 18:44:12


こちら札幌 藻岩山南麓、今は小降りの雨。今日は一日、全国的に雨注意ですね。あ、降ってきた。皆様、お気を付けて。
posted at 08:53:54




2012年7月11日(水)

【写真 20120711】 札幌 http://t.co/aEgoJwKi
posted at 23:42:54



『パンとペン 社会主義者・堺利彦と「売文社」の闘い』 黒岩 比佐子 http://t.co/bEA6KBqP そして、ブログ「古書の森日記 by Hisako 古本中毒症患者の身辺雑記」 http://t.co/8Eg53Rmw
posted at 19:52:33


『パンとペン 社会主義者・堺利彦と「売文社」の闘い』黒岩比佐子(講談社 2010)読書。黒岩さんも1958年生。惜しくも2010年没。執筆中、「あとひと息というところで、膵臓がんを宣告される」(あとがき)。「冬の時代」の社会主義者たちの命がけの闘い同様に戦い、描き切って逝かれた。
posted at 19:50:35


一年前、『徹子の部屋』にレディー・ガガが登場。田原は裏番組で山田五郎氏手ずからの手製本に感嘆。佐賀県知事古川康氏(まだやってんだ)の九電絡み政治献金問題報道はその前日。ああ田原も山田氏も古川氏も1958生なんだなあ、まったく人生いろいろだ。そうぼくらのマドンナは同級生のマドンナ。
posted at 09:57:46




2012年7月10日(火)

【写真 20120710】 過去写真20070512 家宅侵入の咎により誰かの手によって叩き落され誰かの手によって瓶詰めの刑に処されたスズメバチ http://t.co/j15NdaHS
posted at 22:04:44



【ブックスボックス 田原書店】 どんどん在庫を減らしています。バンバン売れてるわけでは全然なくて、意図的に在庫の質と量を変えていこうと思い立ち、適宜処分中。余剰&未登録在庫も極力持たないようにしたい。本当にこの方針で間違いないのかな?プチ怖い。仕入れが継続的にあるのか?マヂ怖い。
posted at 19:50:06


【「ガリ版」だったのか】志村章子氏の「ガリ版」3部作をチラ見。若山八十氏(わかやま・やそじ 1903‐1983 北海道江差町出身)の名も。三冊ほどその孔版版画作品集が在庫であるが、それが謄写版=ガリ版で制作されたものだと(恥ずかしながら)初めて知った。すごいな、ガリ版。要注意だ。
posted at 09:46:20




2012年7月9日(月)

【写真 20120709】大正三(1914)年三月発行「函館商業 第拾五回卒業記念」アルバムより フットボール部の面々 http://t.co/0lGFUCAN
posted at 22:03:41



facebook http://t.co/7w5CKgCJ に「札幌 藻岩山縦走 20120708」upしました。こちら→ http://t.co/jBv80dFa ご覧下さい!
posted at 20:37:29


ああ今年も去年に続いて自転車に乗らずに終わってしまいそう。せっかく支笏湖まで続く自転車道が身近にあって、何年か前には何度か湖畔まで走れているんだけど。もうあちこち老化が始まっているのは確実、昔の感覚で走ってコケたらと思うとマヂ怖い。リハビリ走行的に老化確認走行して後、また走るか。
posted at 09:12:14




2012年7月8日(日)

【写真 20120708】 ※ 虫・田原、注意※ 藻岩山山中 なぜかチョウに好かれる ヒジに止まったところを2ショット撮影 「コキマダラセセリ」か (ああ、人間の蝶にも好かれたい・・・)  http://t.co/mhMwtGPz
posted at 23:53:27



今日も歩きました。行きは、川沿1丁目→藻岩山登山道スキー場コース入口→藻岩山山頂→慈啓会病院前コース入口→書庫@地下鉄西18丁目駅近く。帰りは地下鉄でしたが降りてから、地下鉄真駒内駅→緑町公園→真駒内公園→川沿1丁目。
posted at 23:24:10


日曜の午前は、『日曜美術館』後、twilog 編集・ブログにアップ。こちら→ http://t.co/xRrtjEf3 。『日曜美術館』「近代デザインの開拓者 浅井忠」、良かった。大津絵の先駆的再評価と再図案化実作品。偉ぶらない偉い人って、ほんとに偉いと思う。書庫に向かいます。
posted at 10:13:40

|

« 20120707 この一週間・twitter , twilog & facebook・「小樽ロマンチカ 東京のひとよ」 | トップページ | 201207021 この一週間・twitter , twilog & facebook・「頭の上の雲」 »

02 大丈夫日記 札幌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/55198703

この記事へのトラックバック一覧です: 201207014 この一週間・twitter , twilog & facebook・「あっという間に明治145年」:

« 20120707 この一週間・twitter , twilog & facebook・「小樽ロマンチカ 東京のひとよ」 | トップページ | 201207021 この一週間・twitter , twilog & facebook・「頭の上の雲」 »