« 20120818 この二週間・twitter , twilog & facebook・「利尻島行き帰り」 | トップページ | 20120901 この一週間・twitter , twilog & facebook・「九月のクマ」 »

20120825 この二週間・twitter , twilog & facebook・「神殿も獄舎も指矩で」

----->>> twitter , twilog & facebook



2012年8月25日(土)

【写真 20120825】 http://t.co/djZ3P4xT
posted at 00:04:31



【さしがね】4 帰路近所のホームセンターでも確認。種類は多いがやはり全てメートル法目盛。帰宅後、祖父の「曲がりがね」(と祖父は言っていたと思う)を確認。尺単位でした。海辺の何十年も倒壊しなかった塩ウニ作りの小屋も、祖父がこの「曲がりがね」を使って建てたのだろうか。勉強しなきゃね。
posted at 22:16:16


【さしがね】3 別用で寄った創業120周年「大丸藤井セントラル」で「さしがね」を探す。ありました。大きいの小さいのあるが、みな目盛はメートル法基準。祖父のは尺貫法基準じゃなかったろうか、とふと頭に浮かぶ。30×15センチで裏目(というらしい)に丸目と角目の目盛も入った一本を購入。
posted at 22:09:55


【さしがね】2 古書交換会で入札した本の中に、理工学社編『明解和洋 さしがねの使い方』なる一冊が。目を通す。最初の数頁はなんとか理解できるが、その後150頁近くただ絵づらを眺めるだけ。「さしがね」が恐ろしく奥深くかつ役に立つものらしいことは想像が付く。祖父は使いこなしていたのか?
posted at 22:02:22


【さしがね=指矩=曲尺=かねじゃく】1 利尻島に帰郷して、田原家の「クラ(漁師作業場・漁獲物倉庫・漁撈道具倉庫)」(1955年築)=「ブックスボックス利尻島スタジオ」から祖父の使っていた「まがりがね=曲尺」を持って帰った。この http://t.co/9PB98nV0 大工道具。
posted at 21:54:28




2012年8月24日(金)

【写真 20120824】 過去写 2004年8月22日 札幌芸術の森 「クサマトリックス・草間彌生展」最終日 http://t.co/mq1eKHbK
posted at 23:08:58



「海洋国家」と明言したところが強く印象に残った。
posted at 18:53:53


「おわら風の盆」まであと一週間、昨日は『林秋路板画集 越中おわら風の盆』(未来社)の新装版(1998)と旧版(1979)を並べて見てた。板画の刷り上り・発色がかなり違うのに驚く。一冊毎違ったりするのかも。旧版の図版用紙は越前特漉奉書紙だそう。新版はどうなのか。八尾、また行きたい。
posted at 09:29:14




2012年8月23日(木)

【写真 20120823】 猫眼猫? 古沢岩美・画 @書物誌「猫眼石」第2号表紙 1963.MAR 編集・発行人 プレス・ビブリオマーヌ 佐々木桔梗 http://t.co/5LtIh1WV
posted at 22:18:55



facebook http://t.co/7w5CKgCJ に「利尻島 利尻から札幌へ 20120815」 http://t.co/viI1NQ7n 写真8枚アップしました。どうぞご覧下さい。リシリヒナゲシ・イブキジャコウソウ・ハートランドフェリー・松浦武四郎像、などなど。
posted at 18:57:28


アイデア 2012年9月号 特集:「日本オルタナ出版史 1923-1945 ほんとうに美しい本」入手。元々の選書が素晴しい上、それらの現物が写真に収まり、的確に誌面レイアウトされ、「ほんとうに美しい雑誌」に。恐るべしオルタナ編集者郡淳一郎。http://t.co/c9qRPA3i
posted at 16:12:53




2012年8月22日(水)

【写真 20120822】 芹沢銈介装幀の布クロス 本は1934(昭和9)年刊、『川端康成集 第一巻』改造社 http://t.co/WFX2aXnZ
posted at 22:23:07



田原書店@札幌古書組合交換会+α、『デザインのデザイン Special Edition』原研哉(岩波書店)・『トゥバ音楽小事典』等々力政彦(浜松市楽器博物館)・『猫眼石』第1号~第8号(プレス・ビブリオマーヌ)・『東亜軟書考』齋藤昌三(書物展望社社友版)、芹沢銈介書簡、等落手。
posted at 18:52:54


田原書店@札幌古書組合交換会+α、『書窓 製本之輯 全』口述上田徳三郎/図解武井武雄/編集恩地孝四郎(アオイ書房)・『増補改訂 日本の民家』今和次郎(相模書房)・『林秋路板画集 新装版 越中おわら風の盆』(未来社)・『少雨荘随筆 銀魚部隊』齋藤昌三(書物展望社)、等落手(続く)。
posted at 18:45:43




2012年8月21日(火)

【写真 20120821】 VERANDSCAPE 20120821 15:57 http://t.co/tcFyBgt2
posted at 23:16:48



『神殿か獄舎か』長谷川堯(鹿島出版会 SD選書 2007)読了。72年刊本の復刻で、第Ⅲ章割愛も藤森照信氏解題「長谷川堯の史的素描」所収。今後何度となく読み返すことだろう。大正期アート系本、今和次郎と村山知義が登場する確率、高いなあ。 http://t.co/PZrj26uS
posted at 19:07:08


北海道の夏は「価千金」。夏の北海道は「別天地」。
posted at 09:53:22




2012年8月20日(月)

【写真 20120820】 過去写 2003年8月7日10時 利尻山頂の田原 http://t.co/o031iyO8
posted at 09:23:09



facebook http://t.co/7w5CKgCJ に「利尻島 利尻山登山 20120814」http://t.co/98gXGUHg 写真47枚アップしました。山好きの方、花・野生植物好きの方、どうぞご覧下さい。良い天気に恵まれました!
posted at 23:10:50


『神殿か獄舎か』長谷川堯(鹿島出版会 SD選書 2007)、読書中。1972年刊大正建築論の復刻本。素材は建築(家)なんだけど、大正年間+前後十年の四半世紀について時代理解の深まる好著では。百年後、平成の中の四半世紀はどう描かれるのかな。 http://t.co/PZrj26uS
posted at 15:17:54




2012年8月19日(日)

【写真 20120819】 国道230号線×五輪通り交差点の街路灯に群がる大量の虫 19:11 http://t.co/hV4fN6S0
posted at 22:37:23



facebook http://t.co/7w5CKgCJ に「利尻島 会津藩士関場友吉春温の墓」http://t.co/Wrbgborh 「利尻島 虹・夕暮」 http://t.co/ZH1Pa2B6 up しました。
posted at 22:23:59


今日は一日、手製本装丁布の裏打ち作業。文庫新書大17冊分完成。半数は頂き物の古着を切って作ったもの。アンティークの布や手ぬぐいとはまたニュアンスが違っていい感じ。あと、ここに来て、自分なりの裏打ちの手順・方法が確立できた感じもあり。美しく頑丈なものを自在にどんどん作っていきたい。
posted at 20:58:34


やはり上棟式の飾りで、大きな矢二本はそれぞれ鏑矢(かぶらや・天の矢)と雁股矢(かりまたや・地の矢)と言い、工事関係者の手作りらしい。自分は本当になんも知らんなあ・・・。書庫のすぐ近くなので、今日も様子を見に行ってみよう。 @booxbox http://t.co/ozP3qXEI
posted at 09:13:01

|

« 20120818 この二週間・twitter , twilog & facebook・「利尻島行き帰り」 | トップページ | 20120901 この一週間・twitter , twilog & facebook・「九月のクマ」 »

02 大丈夫日記 札幌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/55512207

この記事へのトラックバック一覧です: 20120825 この二週間・twitter , twilog & facebook・「神殿も獄舎も指矩で」:

« 20120818 この二週間・twitter , twilog & facebook・「利尻島行き帰り」 | トップページ | 20120901 この一週間・twitter , twilog & facebook・「九月のクマ」 »