« 20130119 この一週間・「札幌この百年・ね小便袋から書庫の寝袋まで」 | トップページ | 20130202 この一週間・「百年分の十年」 »

20130126 この一週間・「トンカラリンとタルバガンの共生」

----->>> twitter , twilog & facebook



2013年1月26日(土)

【写真 20130126】 「共生」について語る等々力政彦氏 ライブ&トーク @レッドベリースタジオ 札幌 http://t.co/dLzd5jMs
posted at 23:39:03



3時からの等々力さん瀬尾さんライブ物販担当@レッドベリースタジオ・八軒から古本市@イトーヨーカドー・琴似と回遊し、9時過ぎ帰宅。等々力・瀬尾両氏の共演を一週間に三回も見て聴いた。とても良い。いい音楽を聴くと、聴き終わった後に長く、音楽のどこがいいんだろうと考えることになる。今も。
posted at 22:30:08


『共生』について語る?今日です。→ トゥバ民族音楽演奏家 等々力政彦+コントラバス 瀬尾高志 ライブ&トーク @レッドベリースタジオ 札幌市西区八軒2条西1丁目(札幌琴似教会裏)開場14:30 開演15:00 予約・前売2,000円 当日2,500円 問:011-633-2535
posted at 09:12:10




2013年1月25日(金)

【写真 20130125】 ビノリヤの「浮石鹸」 今から百年前 1913(大正二)年2月の北海タイムスの紙面広告 これはお母さんが赤ちゃんを洗っている図なのか お母さんは女児に赤ちゃんはお人形さんに見える 「倫敦巴里」も謎だ http://t.co/G7jzeXKU
posted at 22:59:44



(´-`).。oO( 今日は札幌市民全人口の0.5%位がすべって転んだかも。約10,000人。そこまで多くないか?でも100人は絶対転んでるし、1000人でもまだ少ない気がする。僕は「こんな不自然な態勢で持ち堪えるならコケた方が安全かも」と思いながらすべっても転ばなかったです。)
posted at 20:46:54


(´-`).。oO( 古書の在庫管理をExcelでしてて、今年2013年の登録分はシリアル番号の頭が「E」。2009年が「A」。「Z」は21年後の2034年、僕は75歳か。どんな形であれ、そのときまで生きて、ある程度自分のやりたいように働けてたら幸せだろうなあ。目指せ「Z」! )
posted at 10:54:12




2013年1月24日(木)

【写真 20130124】 電線でんねん http://t.co/qNi0OEcp
posted at 23:01:55



『北海道の古建築と街並み』(北海道建築士会 1979)閲覧。写真407番に東利尻町(現利尻富士町)の「鬼脇村役場」。今は利尻島郷土資料館として使用。1913(大正2)年に建てられたとある。今年で100周年か。里帰りした時にはじっくり見てみよう。利尻島に現存する最古の建物なのかも。
posted at 22:54:53


@syosiyosinari さすが吉成さん。今から百年ほど前の大正初期、北海タイムスに東京発新刊書籍の共同広告を出していたのは、札幌:富貴堂・維新堂、小樽:鶴林堂、函館:魁文舎、旭川:弘文堂。で「魁文舎」が気になってました。小樽方面の皆さん、「鶴林堂」をご存知なら情報よろしく。
posted at 20:06:42


『北海道の古建築と街並み』(北海道建築士会 1979)閲覧。写真67番に函館の書店「魁文舎」。1873(明治6)年の竣工らしい。北海道で最も古い本屋さんなんだろうか。今も函館に同名書店があるらしいけど、関係やいかに。WEB検索したところ、昭和29年時点では営業してたという記述が。
posted at 18:34:38




2013年1月23日(水)

【写真 20130123】GRottoGRaphy(グロットグラフィー):等々力政彦(トゥバ音楽)奥野義典(sax,flute)瀬尾高志(b)竹村一哲(ds) リハの様子@札幌「JAMUSICA」 http://t.co/X7hcebqo http://t.co/5aqwPVDA
posted at 18:14:03



夢、甦る 謎の隧道遺構トンカラリン http://t.co/IfEj1bve #日本の古本屋 ※昨夜のGRottoGRaphyのライブ会場で、突然ベースの瀬尾さんの口から「トンカラリン」という言葉が。ドラムの一哲くんと熊本ツアー中に出掛けたのだと。関連本を在庫してました。謎多し。
posted at 18:00:04


今日は【GRottoGRaphy(グロットグラフィー) 】等々力政彦(フーメイ、ドシプルール、イギル)奥野義典(sax,flute)瀬尾高志(b)竹村一哲(ds) JAMUSICA http://t.co/X7hcebqo 札幌市中央区北4条西28丁目1-16 ラ・ワイスビルB1
posted at 14:17:23




2013年1月22日(火)

【写真 20130122】 瀬尾高志(コントラバス)+等々力政彦(フーメイ、ドシプルール、イギル) @恵庭市「EGG STAR」 http://t.co/eHCmsGbJ
posted at 09:38:24



22日夜【トゥバとジャズ】 瀬尾高志(コントラバス)等々力政彦(フーメイ、ドシプルール、イギル) EGG STAR(恵庭市栄恵町33) 行きました。物販担当。傍で聴いてて、去年夏より二人の合奏の粘度が高くなった感じで良かったです。お店で売られていた古布をつい買って帰ってきました。
posted at 09:25:41


古本と珈琲のブックカフェ&ギャラリー「ソクラテスのカフェ」(札幌市西区琴似2条7丁目メシアニカビルB1F 011-611-7121)さんにて、ブックスボックス田原書店製作手製本の常時展示&販売をしています。22日40冊を追加しました。お手にとってご覧いただけます。よろしくどうぞ!
posted at 09:10:53




2013年1月21日(月)

【写真 20130121】 過去写 20120804 去年の夏の瀬尾高志(コントラバス)+等々力政彦(フーメイ、ドシプルール、イギル) @札幌・八軒「レッドベリースタジオ」 http://t.co/Hc1szDCx http://t.co/uisMkY1w
posted at 22:55:25



明日22日は【トゥバとジャズ】 瀬尾高志(コントラバス)等々力政彦(フーメイ、ドシプルール、イギル) EGG STAR(恵庭市栄恵町33) 0123-25-3551 開場18:30開演19:00 1800円(1ドリンク+ケーキ付)予約・問合せ:090-1385-8349 澤田さん
posted at 22:40:55


関山和夫さん(1929- )『説教の歴史 仏教と話芸』(岩波新書 1978)には白水社Uブックスの再刊版があると知る。新書199pには小沢昭一さん(1929-2012)登場。同級生の二人が節談説教の採録に全国行脚し、あの『また又「日本の放浪芸」 節談説教』が完成した訳か。有難い。
posted at 17:05:26




2013年1月20日(日)

【写真 20130120】 過去写【大阪市浪速区日本橋東3丁目】19900116 約23年前 勤務先のビル屋上から通天閣方面を広角撮影 手前の平屋住宅群は木造の市営住宅 21世紀に高層ビル化で「市営日東住宅1号館」に この風景はもうない http://t.co/9G6c8oeD
posted at 22:35:20



『平清盛』第三話は題名「源平の御曹司」で玉木・義朝・宏と藤木・西行・直人の登場回だったらしい。もうその辺で「一年間通して見る」と誓ったはず。『八重の桜』も第三話まできたけど例年同様どっかの回で見損ねて「もう見なくていいや」になりそうな予感。八重は悪くない。清盛が面白すぎただけで。
posted at 21:08:50


【元横綱大鵬死去】僕は1958年利尻島生。大鵬関は61年21歳で横綱昇進。64年東京五輪で僻村の田原家にもTVが。以後71年夏場所の引退まで、中継でその相撲を家族で観ることに。60~71年の間に32回の優勝。子供時代を過ごした60年代の輝かしさの象徴としての強く美しい横綱。合掌。
posted at 11:13:37

|

« 20130119 この一週間・「札幌この百年・ね小便袋から書庫の寝袋まで」 | トップページ | 20130202 この一週間・「百年分の十年」 »

02 大丈夫日記 札幌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/56650499

この記事へのトラックバック一覧です: 20130126 この一週間・「トンカラリンとタルバガンの共生」:

« 20130119 この一週間・「札幌この百年・ね小便袋から書庫の寝袋まで」 | トップページ | 20130202 この一週間・「百年分の十年」 »