« 20130202 この一週間・「百年分の十年」 | トップページ | 20130216 この一週間・「手製本・丸窓・大地に立つタルバガン」 »

20130209 この一週間・「細雪対ドカ雪」

----->>> twitter , twilog & facebook



2013年2月9日(土)

【写真 20130209】 さっぽろ雪まつり会場 17:11 http://t.co/Y4xOO2O9
posted at 22:42:51



『風巻景次郎全集』(桜楓社)にご注文。風巻景次郎(1902‐1960)は国文学者。1940年代末から50年代にかけ北海道大学教授。札幌西・東両校校歌の作詞等も。発送前に兼好法師・谷崎潤一郎『細雪』に関する文章をチラ見。。岩波文庫『中世の文学伝統』・角川選書『西行と兼好』、読もう。
posted at 22:34:54


昨晩のNHKローカル『北海道クローズアップ』は北方領土がテーマで、離島苦に悶える色丹島民を取材。ゲストの北大スラ研の先生「色丹は利尻島礼文島を足した面積」「色丹住民二千人、利尻・礼文でも八千人」。僕が生れた頃の利尻は二万近い人口のはず。なんせ北海道本島からして過疎高齢化だもんね。
posted at 12:22:44




2013年2月8日(金)

【写真 20130208】 いただきものの小裂の束 「裂帖」を作りたい 紐で結わいたのは下さった方ではなく田原 ほどいて結んだ 基本的に器用でもなくマテでもないことがよくわかる キレイに結わいてから撮るんだった 反省&自戒 http://t.co/A9p0iNd7
posted at 22:31:10



(´-`).。oO( 降ったね。 )
posted at 22:19:26


こちら札幌 8日北海道新聞一面は「ロシア2機 領空侵犯」の記事。飛行コース図も掲載。田原の予想とは真逆に、「北海道西方沖の日本海を南下した後、北東に針路を変え」「利尻島の南西約20キロ付近まで近づいた後、針路を北西に転じ」る航路だったらしい。確かに追尾されてもそれなら逃げられる。
posted at 13:42:17




2013年2月7日(木)

【写真 20130207】 信号待ち写 福住桑園通×白石藻岩通交差点 20:19 http://t.co/oumwk9vn
posted at 22:07:56



今朝、利尻町立博物館Sさんから恒例の「博物館だより」メール版が届き、その中の「事業名:冬の自然調査会〜ワシとアザラシを数えよう」に心ときめいたのだった。オジロワシ・オオワシの多くはシベリアから渡ってくる。国境も領空もない。人間はそうはいかないけど、それもしょうがない。人間だもの。
posted at 21:55:03


外務省のWEBによれば、領空侵犯「ロシア連邦軍用機2機(Su-27戦闘機)」に対し「航空自衛隊の戦闘機(F-2延べ4機)が緊急発進」とのこと。利尻にいたら何かしら見えたり聞こえたりしたのかも。不謹慎を承知の上で言えば戦闘機から見る利尻山はどんなだろうとつい思ってしまう自分がいる。
posted at 21:45:14


グーグル・アースで利尻島を見ても戦闘機はもちろん艦船も見えないけど、縮尺を変えれば島がロシア沿海州に極々近いことがよくわかる。直線距離にしたら、函館の方が遠い。田原家のご先祖が利尻島に渡った二十世紀初頭、海の向こうをアルセーニエフとデルスウが歩いてたんだなあと、時に考えにふける。
posted at 21:36:18


ゴローニン事件に先立ち、ロシア船が利尻島で日本船を焼討ちという騒ぎが1807(文化4)年に起きている。利尻山は海抜1700m余の海上の単独峰。いいランドマークだよなあ。戦闘機が一分間領空侵犯しても、両国がそれなり落ち着いて変な騒ぎにならない程度には、200年前より進歩したのかも。
posted at 21:26:28


「北方領土の日」に、「利尻島の南西で、ロシアの戦闘機2機が日本の領空を侵犯」て何?海岸線から12海里離れた地点までが領空・領海だそうだ。1海里=1852m。沖合い20キロ位のところまでは近づいたわけか。北西方向から飛んできて、利尻島南西沖の領空かすめて、右旋回で抜けたんだろうね。
posted at 21:04:09


(´-`).。oO( もう何年前に買ったか忘れてる(しかもモニターが壊れてる)Windows XP 機に、前年度の決算をするために買いかえた会計ソフトが無事インストールできてホッとしてる。と同時に、新しいパソコンを買い損ねてちょっと残念という気もしてる。では、入力仕事します。 )
posted at 14:46:58


@nekoyasyokudou ありがとうございます。次号も頑張ります。
posted at 13:37:41




2013年2月6日(水)

【写真 20130206】 過去写 20110610 ぽこぺん@長沼町での「ブックスボックス田原書店 手製本と古書 展」 「手製本と古書展」のポートフォリオの手製本を作ろう http://t.co/8pFpA6UW
posted at 22:45:22



(´-`).。oO( 古書目録は古書店にとってのポートフォリオ。てことか? )
posted at 22:23:45


【ラトビア】今晩はサッカー日本代表の親善試合対ラトビア戦。バルト三国の中の国。面積は北海道の約4分の3、人口は札幌都市圏と同じ位で230万人前後。無国籍者が50万人(!)近くいるそうだ。首都リガの人口規模は、練馬区・相模原・静岡・岡山各市と同等。旧市街「リガ歴史地区」は世界遺産。
posted at 10:12:50




2013年2月5日(火)

【写真 20130205】 VERANDSCAPE 20130205 16:07 http://t.co/VAKjZeVe
posted at 22:34:51



(´-`).。oO( 過度の努力・忍耐を自分自身に課すことは、自分自身へのイジメ。とか言ってみる。痛みに耐える力の強い人は、病気の痛みにも耐えられちゃうので、我慢しているうちに、引き返せないところまで病気が悪化してしまうことが多い、という話もどっかで聞いた気もする。難しいね。 )
posted at 22:30:01


「ブックスボックス田原書店古書目録 第3号 手製本版」の限定部数101を作り切らないままに、2月に入って、第4号の原稿製作を始めてしまいました。5月上旬発行予定。仕事が遅いのか早いのか自分でもよくわかりません。北海道方言を使って言うと、なにしろ「まて」にやっていきたいところです。
posted at 22:22:21




2013年2月4日(月)

【写真 20130204】 信号待ち写 札幌市電・ロープウェイ入口停留場 16:59 http://t.co/ORiccLg5
posted at 22:02:21



スーパーボウル、すごい試合だった。ハーフタイムショーのビヨンセもよかった。同じフットボールでもアメフトとサッカーは、どちらも哺乳類のコウモリとクジラくらい違うと改めて実感。アメフトは覇権国家のゲームかと。潤沢な資源を使ってのオペレーションの遂行。サッカーは野戦、アメフトは近代戦。
posted at 21:31:16


スーパーボウルTV中継見るなり。
posted at 08:12:04




2013年2月3日(日)

【写真 20130203】 「藤城清治著『世界の名作 影絵アルバムⅡ』の補修をしました (写真24枚) 記録も兼ねて、撮影した作業手順写真に説明コメントを書き記します。」 http://t.co/qMRLwZCX http://t.co/QNRB9Bwx
posted at 22:54:02



(´-`).。oO( 山下達郎氏、明日2月4日が誕生日で、60歳還暦なんだって。 )
posted at 14:06:18


(´-`).。oO( 世界有数の地震頻発地帯の、さらに地殻大変動期に、居合わせちゃってるんだもんなあ。覚悟しなきゃならないよねえ。気をつけていきましょう。 )
posted at 23:54:49

|

« 20130202 この一週間・「百年分の十年」 | トップページ | 20130216 この一週間・「手製本・丸窓・大地に立つタルバガン」 »

02 大丈夫日記 札幌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6458/56734191

この記事へのトラックバック一覧です: 20130209 この一週間・「細雪対ドカ雪」:

« 20130202 この一週間・「百年分の十年」 | トップページ | 20130216 この一週間・「手製本・丸窓・大地に立つタルバガン」 »