« 夏の一枚 | Main | 女たち »

真実の愛?

 イカ墨練りこみ乾燥パスタ(イタリア製)で作った、パスタ。イカとブロッコリー使用。
 5年も前の乾燥パスタ、ちゃんと食えた。乾燥食品って、えらい。っちゅうか、怖い?

 夕方、知人からの電話で本日が何曜日かを知り「天空」へ。ひさしぶりの出勤、営業。
 店にいると、札幌から、気功師のKさんがひょっこりやって来た!すごい。店はめったに開けていないのに、そのときにやって来るとは。まったく確率の低い賭けである。さすが気功師。(Kさんはお仕事で伊達に来たので別に天空に来ることに賭けていたわけではない)

 やがて電話をくれたY子がやってきて、怒涛のごとく、この一週間に起きた恋の山谷とその本能的葛藤を、叫ぶ。傑作。なんてかわいいヘンタイなんだ、君は!こんな愛すべき女の子に迫られている久保(いきなり実名)、あんたには、もったいない、が、まあ、しょうがない、久保、マジにじっくり考えろ。腰を引いてる場合じゃない。

 と、それを聞いていた気功師、自分の淡い恋物語を語って聞かせてくれる。せつないなあ、まったく、涙がでちゃうよなあ。

 やがて、真実の愛とは……、というような話になる。

「横にいたから」という理由で恋をするのは、ホントウのことか? たまたま「横にいた」というのは、それはそれでスゴイことだが、じゃあ、横にいたのが彼(彼女)でなくても誰でもいいのか?……もしかしたら他の人でもいいのかもしれない、が、いたのは彼(彼女)なのだ。

 では、たまたま横にいる、と思っている彼(彼女)が、実は何年もの計画の上に「そこにいる」としたら、それはどういうことだ?(これについては「それって、かなり本気」という結論に。だから、本気に免じて、いい(?)、ということに)

 そうこうしているうちに、久保が来た!
 おもしろすぎ。
「久保さん、私なんて、柳瀬さんと久保さんが、今、会ってるんじゃないかって、シットしたりしてるんだからね!」と、Y子。
「会ってない会ってない、こんなやつ!」と、私と久保、お互いを示し、即座に否定。
「久保さん、したいなら結婚して!」とY子。
「久保、したいなら聖書くらい読め!」と私。

 久保ちゃんは、お菓子屋のあととりで、ベーシストです。
 Y子は、絵描きで、クリスチャンです。
 Kさんは、札幌円山で男たちと共同生活している気功師です。
 私は、天空の店長で、小説家です。
 ああ、みんな、ちょっと、うさんくさい。

|

« 夏の一枚 | Main | 女たち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 真実の愛?:

» Buy citalopram. [Buy citalopram.]
Buy citalopram. [Read More]

Tracked on June 27, 2007 02:36 AM

» Cialis effect. [Cialis effect.]
Cialis effect. [Read More]

Tracked on July 07, 2007 11:19 AM

« 夏の一枚 | Main | 女たち »