« December 2004 | Main | February 2005 »

やぶけそうな笑えるフリペ

 今日は伊達駅前商店街振興組合の新年会だった。腹いっぱい!ごちそうさまでした。

 そこでお会いしたオオヤミートの社長・大矢さんは、かなりの人格者だった……こんな近くにこんな素晴らしい人がいたなんて。
 オオヤミートはお肉屋さん。そしてその肉は、自分の牧場で育てた豚や牛。飼育のしかた、与える食べ物……ほんとうに、安全なのだ!信じられない、この時代に、こんな誠実な生産者がいるなんて……もうカンドーだ、ソンケーだ、びっくりした、結婚してもいいくらいだ。(社長、50代)(……念のため言っときますがほとんど冗談ですから)

 さて、昨日とおとついは、「天空(あまから)」を営業して、タイ料理を堪能していただきました。というか、あたしもすっかり堪能し、魅了されました。いやあ、トムヤンクン、癖になる味だわあ! もう、今、また食べたいもんなあ!
 当シェフは(笑)、タイに何度も滞在した経験があり、本場の味を知っている「高ちゃん」。
 今のところ、2月、3月は、金曜日と土曜日、このタイ料理が楽しめます。コースは・蒸しタイ米&5、6品&デザート&ハーブティーなどの飲み物・\2000~2500。(予約してね)他、単品もあります(日替わり)。

 2月19日(土)は、ハンマーダルシマー小松崎健さんをお迎えして(ゲストに福井岳郎柳瀬美保)夜7時から、ライブ。そしてタイの屋台のようなデリバリー式のタイ料理で楽しんでいただく予定です。
 ぜひ臭くって癖になる美味いもんを体験していただきタイ。(←くす!)

 さてさてー、今、私は、フリーペーパーを作ろうとしています。
 伊達の情報のほか、さまざまな、ささいな「笑えること」を連ねたい、と思っています。しょぼくて可愛い見たことないよな情報誌。
 このフリペ、「伊達で定期的に映画上映をするための告知」&「天空スケジュール」など、イベント情報の発信が目的だったのですが、どうせなら、遊ぼう。と、自分的に盛り上がっています。
 準備号、まだほんの少しの記事しか載せられないくせに、すでに、ちょっと笑えます。
 まず、たたみ方(たたまってるペーパーです)が、おもしろい。先日、Dさんから教わった折り方。ペーパー自体は、広げるとA3・1枚ったらずです。やぶかないように広げましょう。
 内容は、伊達のフリペ界(?)の武術師「ひで珍」さんの小話や、そしてペーパー裏面の全面は「すごろく」になってます。ふっ。(おいおいイベント情報はどこだ?)
 おたのしみにぃ~っ!(……たのむ、楽しみにしてくれ)

 ●天空でタイ料理、
 ●小松崎健ライブ、
 ●やぶけそうなフリーペーパー、
 ●もちろん「柳瀬美保CDアルバム」も、
 各注文・問合せは mihhow@topaz.plala.or.jp まで!

| | Comments (2) | TrackBack (0)

映った

某局。TV画面。映ったゾ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

たきテレ

西胆振ケーブルテレビ「たきテレ」の番組。
1月25日~30日まで、毎日放送!
しかも、一日、10回も繰り返されているというっ。

とっても良い番組で、いろいろ、うれしかった。

| | Comments (5) | TrackBack (5)

海は帆立のふるさとさ!

 夕方、アルトリの浜の、いつもより西側へ行ったら!
 ぬあんと、ホタテがザクザク上がってた!!!ヾ(T▽T)/"

 いかあん! 袋らしきものもバケツらしきものも用意してない! でも、拾わずにいられるかあ! と、ココロ揺すぶられてオドオドしていると、知り合いのホンカンさん(警官退職者なのでそう呼んでいる・犬の散歩友達)がいるではないか。
 わあ、ひさしぶりっ、と手を振りながら近づいて行くと、何も言わずジャンバーのポケットからビニール袋を取り出し、差し出す。

 ホンカンさんは、朝、すでにたくさん拾ったのだと言う話で、
 私が見境なく小さな(10㎝)ものまでもを拾っているのにひきかえ、ホンカンさんは冷静に波を見つめてたたずんでいる。そして、20㎝以上のホタテが上がってくるとおもむろに歩を進め、それのみを収穫するのである。

 先日、北海道新聞に自分のCD発売の記事が載ったのだが、そのことを、ホンカンさんは、こう話してくれた。

 いやあ、こないだ、○○さんが、わざわざ新聞を持って来てさ、 「あの柳瀬さんって、歳はいくつだい?」って聞くもんだから、 「美保か? どうした? 死んだか?」って言ってしまったよ。 ははは、新聞に載るといえば、 だいたい死亡記事だからなあ。

 おっかしいなあ。
 まだまだ生きております、このふるさとで。

 ホタテは、まだまだ打ち上がって来るようす。
 海よ、ありがとう。
 ああ、明日も行こうっと。(T▽T)

| | Comments (4) | TrackBack (0)

中森で小鳥ライブ

 札幌「中森花器店」で、ブックスボックス主催「CDふたつの小鳥 発売ライブ」をしました。

 聴きにきてくれた皆様、ありがとうございました!
 私のつたない進行を笑顔で聴いてくださって……とってもあたたかな場でした。感謝いっぱいです。

 で、なんと言っても、一緒に出演してくれた方たちの演奏!素晴らしかったです。バンマスの岡田浩安さん、ウッドベースの瀬尾高志さん、ハンマーダルシマーの小松崎健さん、馬頭琴の嵯峨治彦さん。私にとって宝物のようなライブになりました。おしゃべりも楽しくて。

 このときの様子が、1月27日、NHK「いぶりDAYひだか」6時45分、放送される予定です。ちょっとかもしれないけど、胆振日高地方の方、見てみてね!

 (写真・小松崎健さんのHPより http://www.hardtofind.jp/

| | Comments (3) | TrackBack (0)

変身したサスライさんのギター

 去年、「TONE]でのライブのとき、サスライさんから、
 「好きに絵を描いていいよ」
 と、受け取った、白いギター。年越しながらペイントしはじめ、だいたい出来上がりました。
 うーむ! なかなかシブイ感じ。素敵になったんでないかい?もうちょっと描きたそうか。
 15日、中森ライブ、これ弾きたいなあ、持って行こうかなあ、でも汽車なんだよなあ、荷物になるけどなあ、それに私はギター弾かないかもしれないしなあ、でも誰かに見せたいなあ、ぶつぶつ……。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

はつゆめ

 あけましておめでとう!
 今年も、よろしくお願いします!

 ああ、なんとか生きてゆきたい、2005年。

 けっこういい感じの初夢、見ました。こんな夢。

 Aさんという知り合いが死んだという連絡を受けて、びっくりしているところに、Aさん本人から電話が来た。
 「……Aさん、死んだ?」と聞くと、Aさん、いわく。
 「うん、死んだ」
 「……でも、話せるんだ? ほんとにAさん?」そう聞くと、
 「ここにいるよ」部屋の電灯がチカチカ点滅して「ほらね!」
 「はあ! いるんだ? へえ!」
 死んでも話せるなら、すごくいいなあ、と思った。

 場面、変わり、

 その夜、会う約束をしていたBさんが行方不明だという連絡が入る。今日はBさんの誕生日。
 心配で、Bさんの行きつけの店(喫茶店のような飲み屋のような、小さい飲食店)に向かって走り出すが、雪が積もっていて、道はつるつる。急いで行きたい!と願うと、街灯が、チカチカと点滅。
 気づくと、身体が宙に浮いていた。
 これはAさんの力だ……、と感じながら、手にもっていたオイルランプ(いつのまにか持っている)に、ふーっと息を吹きかけると、火が灯る(普通は消えるが)。Aさんが私を魔法使いにしてくれている!と確信。
 ランプを手にして、空を飛ぶ。上空からだと、いつもの場所も違って見える。店の場所がはっきりしない。
 それでもだいたいの目星をつけて、ざーっ、と、かかとで滑って着地。そのまま、つるつる滑りながら勢いで角を曲がると、店があった。飛び込むと、知った顔がいくつか集まって、行方不明のBさんのことを、相談している。
 私が、今日、ここでBさんと会う約束をしている、と言うと、みんなは、「なあんだ」と、急にほっとして、
 「約束してるなら、もうすぐここに来るだろう」
 「Bは絶対に約束を破らない奴だから」
 「あー、よかったよかった」
 「ほんと、よかったよかった」
 
 わいわいがやがや、めでたしめでたし。おしまい。

 という、妙な終わり方。でも、これは絶対にハッピーエンドなのだ、と、自分ではきちんと納得できる。
 飛んでいるときの感覚は、スリップしまくる車を運転しているようで、ふわふわしていて、自分の身体の操縦がむつかしかった。……そういえば、なんだかちょっと、ちゃんと寒かった、冬の夜風。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »